セルフサービスITを実現

お客様のセルフサービスを当社がサポートします。従業員にセルフサービスへのアクセス権を付与して、IT管理者を重要度の低いタスクから解放しましょう。 




迅速な対応が肝心

ITチームは、内部顧客にインフラストラクチャー、アプリケーション、そしてデータベースを常に提供しなくてはいけません。しかし、現在の状況では在宅勤務者の数が急速に増え続けているため、ほぼ確実にITの負担が高まります。お客様も、既にこうした経験があるかもしれません。しかし、サービスチケットや質問が急増する状況を想像してみてください。また、一つひとつのニーズに実際に対処するにあたって、果たしてどれだけの時間が必要になるでしょうか。あらゆる事業の要求に合わせてITチームが調整を進める中、共通タスクを自動化し、エンドユーザーにオンデマンドのリソースを提供して、チームの時間を最大限に有効活用するのが理想的です。

オートメーションが道を切り開く

ガートナー社 は、2024年までにハイパーオートメーションテクノロジーを新たな運用プロセスに組み合わせることで、組織は運用コストを30%カットするものと予測しています。現在のグローバルな状況において、この予測はさらに加速する可能性が高いでしょう。しかし、オートメーションを日常的な運用タスクのみに留めるべきではありません。修復と計画性能を備えたソリューションも必要です。パフォーマンスの動向を学び、異常を検知して、問題の修復を自動化するソリューション。過去、現在、そして将来のワークロード需要を分析して、キャパシティと必要なインフラストラクチャーに関する推薦が可能なソリューション。こうしたソリューション、またそれ以外の点においても、Nutanixはサポートします。 

セルフサービスを現実のものに

エンドユーザーの要件とチームの役割に基づき、ユーザーたちが自分でアプリケーションの開始、停止、そして拡張を行えるセルフサービスポータルをIT部門が作成できたらどうでしょうか?開発者などのIT部門の顧客に権限を付与すると同時に、ITチームの時間を解放することができます。セルフサービスアプリケーションは、全員にとっての日常業務を容易にして、特殊なリソースに対する待ち時間を大幅に削減できます。IT運用をオンデマンドサービスのマーケットプレイスに変えることで、チケット管理による複雑なプロビジョニングもクリック1つのシンプルなリクエストに変わります。ITの自動化ソリューションは、ServiceNowなどのITチケットシステムと統合することで、エンドツーエンドのチケット管理プロセスを能率化できます。

お客様の声

「このソリューションは、Nutanixのスタック全体にわたって完全なる可視性を提供できるため、スタッフは僅かクリック数回で新しい仮想マシンの立ち上げといった日常業務を達成できます。」

- Nelss Liow氏、Tranglo最高情報責任者

詳細

リソース

NutanixとServiceNowの統合

お客様は、様々な規模で展開しており、それぞれのIT運用環境と統合できなくてはいけません。Nutanixは、豊富なAPIとプロダクトイノベーションによって、こうした統合を実現しています。

IT部門がコード不要の自動化を活用するべき理由

ソフトウェア開発者とその他のIT専門家は、高度なユーザーインターフェースと機械学習によって、コードをほぼ使わずにアプリケーションを構築できています。

Nutanix University Eraプレイリスト

データベース管理の自動化と簡略化によって、エンタープライズ全体の効率性、俊敏性、費用対効果、拡張性を向上させます。

NutanixのサービスとしてのITをTest Driveで試用

アプリケーションVMにメモリを追加してパフォーマンスを加速したり、IT部門の承認を得たワークロードのセルフサービスプロビジョニングを実現するといった、日々のインフラストラクチャータスクを自動化。