ハイブリッドクラウドとは?

ハイブリッドクラウド モデルは、オンプレミスIT (従来型インフラストラクチャーとプライベートクラウド) をGoogle Cloud Platform (GCP)、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドあるいはクラウドサービスプロバイダー(CSP)のオフプレミスリソースまたはサービスと組み合わせます。

ハイブリッドクラウドの厳密な定義を考えた場合、それはプライベートおよびパブリッククラウドならびにCSPも含めた異なるクラウドの組み合わせで構築されたサービスだと言えます。3Tierアプリケーションスタックにおいて、プレゼンテーションサービスはパブリッククラウドに、アプリケーションサービスはマネージドプライベートクラウドに、そしてデータベースサービスはオンプレミスにそれぞれ常駐している場合があります。

ハイブリッドクラウドの仕組み

 クラウドコンピューティングがエンタープライズITに登場したことで生まれたメリットは、新たなビジネス価値とエンドユーザーの有用性にとどまりません。仮想データストレージとデータ転送の多様性を説明するため、まったく新しい用語が生まれたのです。

従来型クラウドアーキテクチャー

私たちはまず、プライベートクラウドまたは仮想化環境について学びました。こうした環境は、組織内のユーザーが組織のワークロードをサポートするためにオンデマンドな形で必要なサーバーやそのほかのリソースにアクセスしながら、当該リソースを組織外で一切共有する必要のないように構築されたものでした。このようなプライベートクラウドインフラストラクチャーは、必ずではないにせよ、一般的には社内のオンプレミス型データセンター内のリソースを利用して構築されています。 その後、パブリッククラウド (誰でもアクセスおよび消費可能なクラウド) のことを知りました。つまり、あらゆるハードウェアベースのネットワーク、ストレージ、およびコンピューティングリソースはAmazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure、またはGoogle Cloud Platform (GCP)などの第三者プロバイダーによって所有・管理されていることになります。ワークロードはデータセキュリティ用にパーティション化されているものの、こうしたリソースは特定のパブリッククラウドプロバイダーによって共有されています。パブリッククラウドの最大の利点は、リソースを自ら管理する必要がなく、オンプレミス環境の場合と比べてはるかに優れた俊敏性が手に入る点でした。

現在の最新ハイブリッドクラウドの定義

現在は2種類のクラウドを考慮する必要があるため、パブリックおよびプライベートクラウド間のアプリケーションおよびデータ転送を説明できる用語が必要となります。このアーキテクチャーを、当社はハイブリッドクラウドと呼んでいます。ある種の暗号化された手段であるハイブリッドクラウドでは、オペレーターが2つの異なるクラウドリソースを利用しながら1つのタスクを実行できます。ただし、ほとんどのハイブリッドクラウド環境は2つの別々のプライベートクラウドを利用している点に留意しておく必要があります。ハイブリッドクラウドでは、2つの異なるクラウドまたは両者混合のリソースを組み合わせるという点がポイントです。ベン図を思い描いてみましょう。左手にオンプレミスのプライベートクラウドを、また右手にクラウドホステッドプライベートクラウドを割り当てた場合、ハイブリッドクラウドは両者の重なり合った部分になります。真ん中の重複部分がハイブリッド層となります。

true

この両クラウド間の中間地点がデータ転送において重大な橋渡し役となります。これを通じて、組織は生産性またはセキュリティを犠牲にすることなく、クラウド性能を活用できるようになります。

ハイブリッドクラウドアーキテクチャーのメリット

ハイブリッドクラウドが可能にする柔軟性と俊敏性

柔軟性と俊敏性

適切に構築されたハイブリッドクラウドが誇る、最も重要なメリットはビジネスの俊敏性です。これによってリソースにすぐにアクセスして、新しいアプリケーションをサポート、開発およびテストプロジェクトへの対応、想定外のニーズに速やかに対処できます。理想的には、ワークロードをオンプレミスとクラウドの間で速やかに移動させ、複数の場所のリソースを活用したいところです。(残念ながら、APIならびに異なるクラウドプロバイダー間のアーキテクチャー上の違いから、実現は難しいのが現状です)。

弾力性

多くの業界は、リソース要求の大きな差異を経験しています。分かりやすい一例である小売業では、12月の休暇期間前に消費者活動が急騰します。ハイブリッドクラウドモデルは、リソース要求にも弾力的に対応する能力を提供してくれます。同様に、多くの個別のアプリケーションもリソース要求の大きな変動を経験します。こうしたアプリケーションは、必要な時にリソースを取得して、必要がなくなれば手放すことで、総合的な経費の削減を可能にする環境で実行しなくてはいけません。

ハイブリッドクラウドが可能にする弾力性
ハイブリッドクラウドが可能にするセルフサービス

セルフサービス

よく設計されたハイブリッドクラウドであれば、ITユーザー(開発者やラインオブビジネスマネージャーなど)がセルフサービスポータルを通じてITインフラストラクチャーおよびサービスにアクセスできます。こうして、ITユーザーはサービスに直ちにアクセスできるだけでなく、ITが中間業者の役を果たす必要がなくなるためその負担も軽減されます。

新しい製品およびサービスの迅速な提供

ハイブリッドクラウドは、お客様のビジネスと開発チームを足止めさせる障壁を取り除くことで、新しい製品およびサービスのより迅速な提供を可能にします。新しいデジタルサービスの作成および展開は簡単になり、開発者とテストエンジニアは必要な時に必要なリソースに容易にアクセスできるようになります。

ハイブリッドクラウドが可能にする新製品およびサービスの迅速な提供
ハイブリッドクラウドが可能にするコスト管理

コスト管理

ハイブリッドクラウドモデルでは、あらゆるアプリケーションを最大限に効率的に実行できる一方で、従量課金制モデルの採用でインフラストラクチャーとデータセンターへの設備投資を減らします。ピーク負荷に対応できるデータセンターを設計しておきながら、ほとんどの間は未使用の状態のままでは賢い選択とは言えません。これに対し、必要に応じてクラウドリソースを追加すれば、ピーク負荷にも対応できます。

ロックインの回避

クラウド専用モデルを採用した場合、1つまたは2つのクラウドベンダーへのロックインを避けるのはほぼ不可能です。データをクラウドから取り出すには法外な費用がかかる可能性があるため、データセンターからクラウドにデータを移行する場合は十分な注意が必要です。

ハイブリッドクラウドはロックインを回避
ハイブリッドクラウドは最新テクノロジーにアクセス

最新テクノロジーへのアクセス

現在の競争的なビジネス環境において、企業はビジネス上の優位性を提供できるテクノロジーに即座にアクセスしなくてはいけません。こうした例の1つがAIです。大手パブリッククラウドは急速にイノベーションを遂げており、それぞれ競合するサービスを提供しています。ハイブリッドクラウドモデルは、最高のテクノロジーを利用して、チャンスを掴むための柔軟性を与えてくれます。

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドモデルの違い

パブリックおよびプライベートデータクラウドの双方を活用しているものの、両者の間でデータが共有される場合とされない場合の環境はどうでしょうか?この状況はどのように分類したらよいでしょうか?

新しいハイブリッドクラウドアーキテクチャーにまつわるこの用語を「マルチクラウド環境」と呼びます。こうしたクラウド環境はハイブリッドクラウドとは異なります。なぜなら、多数のクラウドの存在と利用を提案しながら、その相互運用性は保証していないからです。この新興アーキテクチャーはクラウド内の複数のサービスモデルへのアクセスを提供するため、その活用度合いは高まっています。

ハイブリッドクラウドとマルチクラウド環境を比較する際のよくある誤解の1つが、両者は相互排他的だという認識です。マルチクラウド環境の明示的な定義は、複数のケースにおいて、ハイブリッドクラウドモデルが確かにマルチクラウドモデルであることを示唆しています。しかし、その逆は必ずしも成り立ちません。マルチクラウド構成はハイブリッド化できるものの、個別のクラウドが相互に応答する必要なく存在できます。

このサイロ化したアプローチを取った最も分かりやすい理由が、データセキュリティです。クラウドオペレーターは、データ暗号化やそのほかの脅威予防性能を備えているものの、依然としてクラウド間のデータ移行に伴うリスクを恐れています。ただし、だからといって、一度に複数のクラウドを使う必要がないわけではありません。複数のクラウドプロバイダー間でワークロードを管理することのビジネスケースは、パブリックおよびプライベートセクターの双方の組織に対してますます提示されるようになっています。こうしたケースにおいて、クラウドは複数のタスクを実行しています。クラウドは、ハイブリッド環境のように単一のアウトプットのためにデータまたは計算能力を共有していません。セキュリティを除いて、多くの組織はクラウド間におけるアプリまたはデータの共有に関するビジネスケースを持たないため、マルチクラウド環境にたまたま出くわすことになります。

セキュアなクラウドを維持する

クラウド戦略リーダーシップをテーマにした最近のアナリストレポートでは、複数の業界大手のアナリストが大手クラウドプロバイダーのセキュリティポスチャは大半のエンタープライズデータセンターと同等に良いか、これを上回ると結論づけています。パブリッククラウドサービスを採用するにあたって、もはやセキュリティを主な阻害要因と見なすべきではないでしょう。ただし、これはオンプレミスのワークロードをクラウドに移行するというようなシンプルな話ではありません。セキュリティチームは、パブリッククラウドIaaSのプログラマティックインフラストラクチャーの活用を検討するべきでしょう。できる限り多くのプロセスを自動化することで、セキュリティ攻撃の原因を作りがちな人的エラーの発生確率を減らすことができます。クラウドコンプライアンスを完全に順守するには、セキュリティコントロールの追跡をプログラマチックに行う必要があります。

ハイブリッドおよびマルチクラウド戦略には多くのメリットが伴うものの、エンタープライズデータを断片化するという重大なリスクを伴います。データがどこにあり、適切に保護されているかなど、データリソースの特定および追跡は可視性の欠如によって非常に難しくなります。パブリッククラウドで保護されていないデータの存在が報告されていることは、果たして重大なデータをパブリッククラウドに保管するべきだろうかという企業の懸念をさらに強めてしまいます。多くの場合、こうしたデータセットはオペレーターが任意のクラウドにおけるセキュリティモデルおよびツールに慣れ親しんでいなかったことが原因で露出されているに過ぎません。お客様がパブリックとプライベートクラウドに関して適切な可視性とセキュリティを確保できるよう、必ずクラウドセキュリティリスクおよび脅威の継続的監視および管理を維持できる「セキュリティファースト」モデルを実行しましょう。このモデルは、リアルタイムでセキュリティの脅威を検出し、こうした脅威への対策を講じて、セキュリティとコンプライアンスの結果を測定できる革新的なツールおよびオートメーションを活用します。クラウドセキュリティおよびガバナンスを継続的に監視するツールを評価および追加し、定期的に自動健全性チェックを実行して、パブリッククラウドではセキュリティがユーザーとクラウドベンダーによって「共有される責任」であると理解しましょう。

ハイブリッドクラウドを選ぶ理由とは?

ハイブリッドクラウドが企業にとって望ましいモデルだということは、さまざまな証拠から明らかになっています。RightScale 2017 「クラウドの現状」レポートでは、ハイブリッドクラウドが望ましいエンタープライズ戦略であると報告されています。すなわち、企業の85パーセントはマルチクラウド戦略を配備しており、これは2016年の82パーセントより高い割合となっているのです。

ハイブリッドクラウドの成長

地域的にみると、南北アメリカ大陸では現在(22%)そして過去12ヶ月間 (31%)にわたって、ハイブリッドクラウドの利用が高まっています。ただし、今後2年間の展望では、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)(43%)が米国のハイブリッド計画(39%) を超えるほか、アジア太平洋および日本(39%)も割合が高まる見込みとなっています。

より多くのハイブリッドクラウドユーザーが「すべてのニーズが満たされた」と述べている(49%)一方で、単一のパブリッククラウドユーザーの満足度は37%でした。

ハイブリッドクラウドの人気は高まっているのか?

当初は乗り気でなかったものの、大手IaaSベンダーは最近自社のパブリッククラウドインフラストラクチャーを顧客のオンプレミスリソースと統合させ始めています。ベンダーはこのように環境をまたいで動作するツールを作成しており、エンタープライズデータセンターと強いつながりのある企業と業務提携を行っているのです。

ハイブリッドクラウド戦略の作り方

お客様の組織が必要とするクラウド運用システムは、単一のツールセットであらゆる環境をまたいで監視、管理、および整理する能力を備えている必要があります。ハイブリッドクラウドに対するほとんどのアプローチは、お客様のデータセンター内のレガシーインフラストラクチャー、パブリッククラウド、そしてクラウドサービスプロバイダーなど、異種のピースを何らかの方法でうまく動作させる最善の方法を見い出す戦略に基づいています。現行のクラウド環境が抱える現実に即して考えた場合、このアプローチは成功する可能性が高いと言えます:

  1. 単一のフレームワーク(「クラウドOS」)を選択しましょう。これは、オンプレミスおよびクラウドの両方におけるワークロードの管理を可能にします。
  2. このフレームワークに従い、オンプレミス型環境を最新化します。
  3. このフレームワークと互換性のあるパブリッククラウドとクラウドサービスプロバイダーのみを選択します。

プライベートクラウドは、ハイブリッドクラウド戦略の基盤として機能します。プライベートクラウド基盤の理想的なコアは、ハイパーコンバージドインフラストラクチャーコアです。このアプローチの効果は、ワークロードをオンプレミスに戻している70パーセント以上の組織に貢献しています。

Nutanixはハイブリッド環境への
最短の道のりを提供します 

今日のデジタルイノベーションの時代において、多くの組織はオンプレミス型のプライベートおよびパブリッククラウドにまたがるハイブリッド環境でアプリケーションとデータを運用する必要があります。これは、必ずしも難しいことではありません。プライベートクラウドからパブリッククラウドへの拡張には、複雑なネットワークの管理、アプリケーションの再構築、そして様々なクラウドやセキュリティなどを対象とした複数のインフラストラクチャーの管理の必要性を含む多数の課題を伴います。オペレーターが一貫性あるクラウドプラットフォームを用いて従来型および最新のアプリケーションを管理できるよう、プライベート、分散型、そしてパブリッククラウドにまたがる単一のプラットフォームが早急に求められています。

Nutanixは、プライベートまたは複数のパブリッククラウドでアプリケーションを実行するために必要な柔軟性、シンプルさ、そして費用対効果を業界で初めて兼ね備えたハイブリッドマルチクラウド プラットフォームです。Nutanixは、Nutanixのハイパーコンバージドインフラストラクチャー (HCI) ソフトウェアのシンプルさと使いやすさ、そしてNutanixのフルスタックをAWSなどのパブリッククラウドに拡張します (今後Azureにも)。同じプラットフォームをプライベートおよびパブリッククラウドでも使用することで、Nutanixはアプリケーションとデータをクラウド間で移行、拡張、またはバーストする際の運用上の複雑性を劇的に減らします。統一管理インターフェースを用いることで、プライベートおよびパブリッククラウドインフラストラクチャーを単一のクラウドとして本当の意味で管理・運用できます。

今すぐスタート

僅か数クリックで思い通りのクラウドを構築。Nutanixの統合型クラウドプラットフォームであらゆるITタスクを即座に完了させましょう。www.nutanix/jp/one-platformにアクセスして、今すぐ無料のTest Driveでお試し下さい!

関連リソース

ハイブリッドクラウドにまつわる神話の記事

ハイブリッドクラウドにまつわる神話

クラウド管理に関するトップ10の質問への回答

クラウド管理に関する質問への回答10位

ハイブリッドクラウドの設計と構築

ハイブリッドクラウドの設計と構築

ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)を導入する

さあ、始めましょう!

ソリューションに関するご質問がある場合は、以下フォームよりお気軽にご連絡ください。