1つのプラットフォームであらゆるクラウドを管理

Nutanixは、単一のプラットフォームによってハイブリッドおよびマルチクラウド運用を統合することで、クラウドをカスタマイズして最大限の費用対効果を得られるようにします。選択性とシンプルさを念頭に置いた柔軟な基盤によって、クラウドジャーニーを始めましょう。

ここがお客様のクラウドジャーニーの開始点

プライベートおよびパブリッククラウド環境間の戦略的な配置、シームレスなモビリティ、およびアプリケーションとワークロードの統合管理を専門に扱うインフラストラクチャープラットフォームでお客様のクラウドジャーニーを始めましょう。

ハイブリッドおよびマルチクラウドを活用してデジタルディスラプションを推進

GartnerのアナリストであるPhilip Dawson氏とNutanixのVPであるMonica Kumarのディスカッションに是非ご参加ください。主要なインフラストラクチャー要件と費用抑制戦略について学び、ハイブリッドおよびマルチクラウドデリバリーモデルが管理の効率性、インテリジェントオートメーション、およびアプリの緊密性を一変させる方法を把握しましょう。

Calmリファレンスアーキテクチャー

クラウドジャーニーにおいてNutanixが誇る独自性

Nutanixは、パブリッククラウドとのネイティブ統合を通じて、シームレスなハイブリッドおよびマルチクラウドの拡張を実現します。レガシーインフラストラクチャーへの断片的な統合を構築する従来型アプローチとは異なり、Nutanixは単一のプラットフォームからあらゆるアプリの実行・管理を可能にする、柔軟な基盤を築きます。こうして、最初から相互運用性を維持しながら、ご希望のクラウドリソースを自由に選ぶことができます。

通常、Nutanixのクラウドジャーニーは4つのフェーズからなり、各フェーズは前のフェーズを踏まえて系統的に実施されていきます。

フェーズ1: インフラストラクチャーの最新化

サイロ化したストレージ、ネットワーク、コンピューティング、そして仮想化システムを統合型ソフトウェア・ドリブンインフラストラクチャープラットフォームに集約して、オンプレミス型データセンターの管理をシンプルにしましょう。この統合プラットフォームでは、クラウド運用の相互運用性を確保する基盤を構築できます。

「私たちは、必要に応じていつでも新しいロケーションに移行できる、より拡張性の高いソリューションによって、インフラストラクチャースタック全体を置き換える必要がありました。Nutanixは、こうした当社の差し迫ったニーズを満たしながらも、コストを節約して、将来的なその他のパブリッククラウドへの投資を活用する完全なビジョンを提示できた唯一のベンダーでした。」

Edward Poll氏、クランフィールド大学ITインフラストラクチャー部長

お客様のサクセスストーリーを読む

フェーズ2: プライベートクラウドにおけるITサービスの自動化

エンドユーザー向けの管理とリソースの提供を自動化して、エラーが発生しやすい手動タスクからITチームを解放しましょう。プライベートクラウドは、ご利用のオンプレミス型データセンターのコントロールとセキュリティを備えた、パブリッククラウドのシンプルさと拡張性を提供できます。

「ITにおける次なる大きなステップは、オンプレミスインフラストラクチャーからパブリッククラウドへとワークロードをシームレスに移行し、要件に変更があった場合は再び社内に戻すことになります。Nutanixのソリューションには、こうした柔軟性がビルトインされています。」

– Brian Oamek氏、シニアエンタープライズITアーキテクト

お客様のサクセスストーリーを読む

フェーズ3: ハイブリッドクラウドを実現

パブリッククラウドリソースをご利用のプライベートクラウドと統合して、ハイブリッドクラウドの稼働・移行を可能にしましょう。例えば、コストガバナンス、DR、そしてクラウドを跨いだセキュリティとコンプライアンス監査の実装は、ハイブリッドおよびマルチクラウド運用への継続的拡張を可能にする土台を築きます。

クラウドコストを最大50%カット

 

理想的な運用モデルとしてハイブリッドクラウドを選ぶ企業の割合*

「Nutanix Clustersのおかげで、当社のNutanixデータセンターとAWSにまたがるハイブリッドクラウド環境を容易に構築できています。これで、必要に応じてAWSのキャパシティを急速にバーストして、ワークロードをバックアップから速やかに復元できるのです。」

Craig Wiley氏、Penn National Insuranceシニアインフラストラクチャーシステムアーキテクト

フェーズ4: 複数のクラウドを1つのクラウドとして管理

ご利用のプライベートおよびパブリッククラウドとのネイティブ統合によって、既存のクラウドネットワーク設定を活かして単一のプラットフォームでから要求に応じて拡張できます。再構築を伴わずに僅か数分でワークロードをバースト。また、’追加のオーバーレイネットワークなしにアプリケーションをあらゆる環境に跨いでシームレスに移行します。

 

はアプリケーションモビリティがハイブリッドクラウドにとって不可欠であると回答。*

NutanixとAzureによるハイブリッドクラウド

Nutanix Clusters on Azureのパブリックプレビューが
利用可能となった際に通知を受けることができます。

Autodeskがサービスとしてのデスクトップ(DaaS)を利用

「Nutanix Clustersは、国勢調査のサポートでVDIワークロードの増大が必要な際に、キャパシティをパブリッククラウドにシームレスにバーストする方法を提供してくれます。その間、アプリケーションもリパッケージまたは再構築する必要はなく確実に機能するため、安心です。」

—Julian Doak氏、CISO

Autodeskがサービスとしてのデスクトップ(DaaS)を利用

「Nutanix Clustersでは、顧客がシステムとアプリケーションの再構築に何カ月または何年も費やすことなく、ハイブリッドクラウド環境を構築することができます。こうして、顧客がオンプレミスからクラウド環境へと移行する際、単一の管理フレームワークを用いた俊敏性とシームレスな運用を提供できます。私たちは、ClustersがNutanixエンタープライズクラウド製品ラインナップの中核的コンポーネントとなり、IT組織に重宝されるものと考えています。」

—荒川直樹 氏、ICT事業本部 販売推進・技術本部 技術統括部 統括部長

Nutanixをクラウドに選ぶ理由

シンプルな運用を可能にする統合管理

再構築を伴わずに、アプリケーションとワークロードをあらゆるクラウドを跨いで容易に移行しましょう。ご利用の全てのクラウドにまたがる単一の管理プラットフォームによって、インフラストラクチャー運用を大幅に簡略化できます。

* 2019年 Nutanix Enterprise Cloud Index

選択の自由

ITチームがビジネスニーズに最適なクラウドを厳密に構築できるよう、様々な選択肢を与えましょう。シームレスなアプリケーションモビリティによって、適切なクラウドに適切なアプリを自由に選択できます。

費用対効果に優れた運用

異なる環境間の完全なライセンス移植性、また未使用リソースを1-クリックで休止状態にする機能によって、投資を最大限に活かしましょう。コストガバナンスポリシーを活用して、消費した分に基づくクラウドリソースの最適化を実現しましょう。

追加リソース

ご希望のハイブリッドクラウドを提供

ハイブリッドクラウドの構築にあたってNutanixが理想的なプラットフォームとなるソリューションとユースケースをご覧ください。

俊敏性を損ねずにクラウドコストを管理するためのガートナーガイド

クラウドに伴う3つの費用、そして企業がこれを削減できる方法

適切なアーキテクチャーによって、クラウド導入コストを抑制する方法をご紹介します。

Gartner, From Firefighters to Trusted Experts: Preparing I&O Teams to Succeed With Cloud Cost Optimization (火消し役から信頼される専門家へ: I&Oチームがクラウドコスト最適化を成功させるための準備), Ross Winser, David Wright, 23 July 2020.
GARTNERは、Gartner, Inc.および/または米国および海外の提携会社の登録商標およびサービスマークであり、本書では許可を得て利用されています。All rights reserved.

Nutanixによるクラウド構築がどれだけ簡単かご覧ください