HPEとNutanix、
グローバルパートナーとしてお客様のプライベートクラウドに選択肢をご提供

HPEとNutanixは、共同で設計されたアプライアンスとサービスとしてのインフラストラクチャー(Infrastructure as a Service)を提供するためにパートナーシップを締結しました。

認定されているHPEシステムモデルについて

 

1、2、そして4ノードモデルを搭載した1Uおよび2Uフォームファクターを含め、幅広いHPE ProLiant DX Gen10アプライアンスを利用できます。利用可能な注文仕様生産オプションとして、Intel® Cascade-Lakeプロセッサーの最新世代、様々なメモリ、ストレージタイプ、ディスクフォームファクターとキャパシティ、そして何十万もの異なるプラットフォームの組み合わせが含まれます。 

利用可能な対応プラットフォームおよびコンポーネント構成の種類は、 こちらのProLiant DX仕様書ページから確認できます。

HPE GreenLake with Nutanix

従量課金制で提供されるHPE GreenLake with Nutanix Enterprise Cloudソフトウェアは、使用に応じて請求されるオンデマンド型でオンプレミスのインフラストラクチャーを提供します。前払費用は発生しません。パブリッククラウドライクな請求モデルに加え、運用をHPE PointNextサービスに外注する選択肢もあります。

Nutanixと連携されたHPE ProLiant DX アプライアンス

HPEの工場内で統合されるNutanix Enterprise Cloudソフトウェアにより、HPE ProLiant DXシリーズを利用する企業は、プライベートクラウド環境に必要とされる管理とセキュリティを備えた上で、パブリッククラウドサービスのシンプルさと俊敏性を備えたインフラストラクチャーを構築できます。

HPE ProLiant DXのお客様は、Nutanixと同じコンピューティング、ストレージ、仮想化、そしてネットワーク機能を活用できるほか、Nutanixを業界で最も人気のあるハイパーコンバージドソリューションにした直感的かつコンシューマーグレードの管理機能も手に入れることができます。

利点

  • Nutanix Enterprise Cloudソフトウェアと統合したHPE GreenLakeまたはHPE ProLiant DXシステムによって、完全なプライベートクラウドインフラストラクチャーを構築。
  • HPE ProLiant DXシステムのオンボードストレージリソースを用いてデータセンターを簡略化し、高額かつ複雑なストレージエリアネットワークを排除します。
  • 1クリックでソフトウェアのアップグレード、インフラストラクチャ―の拡張、そしてトラブルシューティングを行うことで、インフラストラクチャ―管理を大幅に簡素化し、ITスタッフがインフラストラクチャ―ではなくビジネスアプリケーションに集中できるようにします。
  • 小規模から始め、クラスタにProLiant DXシステムを1つずつ追加して無限に拡張することができます。
  • NutanixのネイティブAHVハイパーバイザーと統合された仮想化管理により、仮想化のコストを削減します。
  • HPE GreenLakeまたはHPE ProLiant DXシステムとNutanix Enterprise Cloudソフトウェアを使用して、HPEのツーリングまたは運用を変更することなく、プライベートクラウドを容易に構築します。

HPE PROLIANT DX向けハイパーコンバージドインフラストラクチャー完全ガイド

Nutanix Enterprise Cloud OSの詳細に加え、AOS分散型ストレージファブリックとAHVがHPE ProLiant DX上でどのように動作するのかご紹介します。

HPE ProLiantにおけるNutanix動作の仕組み
HPE ProLiantにおけるNutanix動作の仕組み

ホワイトペーパー:

まだ仮想化のために費⽤を⽀払い続けていますか?

HPEで動作するNutanixソフトウェアのサポートについて

NutanixとHPEは、NutanixソフトウェアおよびHPE Proliant DXアプライアンスの完全なソリューションを最高レベルのサポートと共に提供します。 Nutanixは、あらゆるソフトウェア関連の問題に対応し、必要な場合はHPEと調整してハードウェアサポートケースへと引き継ぎます。

Nutanix PulseおよびAlertsによって、予防的・継続的・インテリジェントなシステム監視とコールホーム機能を利用できます。

お問い合わせ

詳細をご希望のHPEのお客様またはチャネルパートナーの方ですか?