NutanixとVMwareの比較:
その違いとは

ハイブリッド・マルチクラウドをシンプルかつ効率的に統合管理できる柔軟性の高いプラットフォームが Nutanix の強みです。既存の VMware 環境を強化する場合でも、VMware 環境からの移行でも、Nutanix が理想的な選択肢を提供します。

Nutanix を信頼できる理由

  Nutanix
最高のハイブリッド・マルチクラウド体験データセンター、クラウド、エッジにまたがる統合プラットフォーム
Nutanixは、データセンター、クラウド、エッジを単一の統合コンソールから管理できるようにすることで、最高のハイブリッド・マルチクラウド体験を提供します。
最もシンプルな運用:一貫性のある同一の運用モデルを備えたマルチクラウドIaaS
一貫性のある同一の運用モデルを備えたマルチクラウド IaaS
Nutanix のソフトウェアは、オンプレミス、AWS、Azure 環境をまたいで一貫した管理を実現します。VMware 環境では顧客側で管理するオンプレミス、VMware 管理でAWSが、Azure 側で Azure が管理されます。
クラス最高の顧客満足度: 移行ツールキットと業界をリードするサポート(90 ネットプロモータースコア/NPS)
移行ツールキットと業界トップクラスのサポート(90 ネットプロモータースコア/NPS)
Nutanixは、業界トップクラスのサポート(7 年間の平均 NPS スコア 90)と移行ツールキット(Nutanix Move:最小限のダウンタイムでVMを移行するクロスハイパーバイザーモビリティソリューション)により、ワークロードのモビリティを提供しています。

Nutanix Cloud Platform を
あらゆるアプリとデータに利用する理由

  Nutanix
最適な HCI アーキテクチャ: 混在ワークロードのための単一の統合 HCI アーキテクチャ
混在ワークロードのための単一の統合 HCI アーキテクチャ
Nutanix は、スナップショットとレプリケーション、ファイル、オブジェクト、HDD、ハードウェアまたはクラウドの選択をサポートすることで、SAN レベルのワークロードの NVMe パフォーマンスを向上します。 (VMware には ESA と OSA という 2 つの異なる vSAN アーキテクチャがあります。)Nutanix は、パフォーマンスを向上させながら、統合された単一画面で既存の VMware ソリューションとシームレスに統合します。
高速アップグレード: フルスタックで一貫性のあるセキュリティアップグレード
フルスタックで一貫性のあるセキュリティアップグレード
Nutanix は、VMware の CLI ベースのアップグレードとは異なり、GUI ベースの 1 クリックフルスタックアップグレードを簡単かつ効率的に提供します。Nutanix は、お客さまが Log4j などのセキュリティ侵害に迅速に対処できるようにし、ハイブリッドクラウド全体の運用を安全に保つのに役立ちます。
安全性と回復性: ネイティブな VM レベルのデータ暗号化により、デフォルトでセキュリティを確保
ネイティブで仮想マシンレベルの データ保護によって、デフォルトで安全性を確保
Nutanix は、セキュリティ開発ライフサイクル、安全な構成管理と自動化、保存データの暗号化などのプログラムにより、安全な基盤の上に構築されています。さらに、Nutanix は、データ中心のセキュリティによる自動化されたセキュリティベースラインも提供し、お客さまのサイバーレジリエンスを強化します。
ダウンタイムの最小化: エンタープライズグレードのディザスタリカバリ
エンタープライズグレードのディザスタリカバリ
Nutanix は、VM ごとの目標復旧時点と目標復旧時間をよりシンプルにし、非統合アプローチと比較してリスクを軽減します。
簡単なライセンスのポータビリティ: クラウドとオンプレミスをまたぐ
クラウドとオンプレミスをまたいだポータビリティ
Nutanix の柔軟性により、導入環境間でのライセンスのポータビリティが容易になります。これは VMware では複雑で、ライセンスの移植性にはいくつかの違いがあります。Nutanix のポータビリティにより、パフォーマンス、コスト、データ主権の優先順位の変化に応じて、データとアプリをハイブリッドクラウド全体で最適に配置できます。
クラウドへのファストパス: Nutanix HCI on Azure BareMetal ソリューション
Nutanix HCI on Azure BareMetal ソリューション
Nutanix は、Azure と共同で設計された初の顧客管理型 HCI であり、最大 53% のコスト削減** でパブリッククラウドへの迅速な移行を実現するとともに、エッジ、データセンター、クラウドのエンドポイントを安全に接続する Azure ExpressRoute をサポートしています。
完全に統合されたストレージ: ファイル、オブジェクト、ブロックストレージの管理を統合および簡素化
ファイル、オブジェクト、ブロック・ストレージの管理を統合および簡素化
Nutanix は、ファイル、オブジェクト、ブロックデータサービスの管理とコストのサイロ化を統合します。

導入事例:VMware 環境からの移行

Nutanix Move を活用して IT 基盤の移行に成功したお客さまの事例
 


株式会社野村総合研究所

Nutanix が無償で提供している移行ツール Nutanix Move は、AHV ハイパーバイザーへの移行がある程度自動化でき、多重処理も可能です。最終的に 1,000 ユーザーを短期間で移行するには、Move が便利だと考えました。 

株式会社バンダイナムコスタジオ

Nutanix Move を活用して、わずか 1 週間ほどで AHV ハイパーバイザーへの移行が完了しました。移行環境の調査からワークショップ、移行計画の立案、事前移行テスト、バックアッププラン検討、現地での移行作業など、スムーズに移行できました。

沖縄大学

VMware からの移行は、Nutanix Move を活用し、同センター主査自ら移行作業を成功させています。全ての環境を Nutanix に移行、運用管理の簡素化を進めてゆきます。

関連リソース

さっそく始めてみませんか?

「Test Drive」で無料お試し

Nutanix クラウドプラットフォームを実際にお試しいただけます。

21/21 (水) ウェブセミナー

大好評につき追加開催!VMware環境から Nutanix AHV への移行

3/5(火) ウェブセミナー

VMware to Nutanixセミナークラウド編 〜VMware環境からクラウドへスムーズに移行するポイント〜

2/27 (火) ウェブセミナー

VMware環境からRed Hat およびNutanix環境 への移行セミナー - VMwareレガシーインフラからの脱却と 次世代基盤の考慮点

※Nutanix, Inc. は VMware, Inc. の関連会社ではありません。VMware および vSphere は、VMware, Inc. の米国およびその他の国における登録商標です。
** ESG ホワイトペーパー:オンプレミスおよびハイブリッドクラウド間でのアプリケーションとデータの管理、2022 年 10 月

©2023 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanix, the Nutanix logo and all Nutanix product and service names mentioned herein are registered trademarks or trademarks of Nutanix, Inc. in the United States and other countries. Nutanix, Inc. is not affiliated with VMware by Broadcom or Broadcom. VMware and the various VMware product names recited herein are registered or unregistered trademarks of Broadcom in the United States and/or other countries. All other brand names mentioned herein are for identification purposes only and may be the trademarks of their respective holder(s). Certain information contained in this infographic may relate to, or be based on, studies, publications, surveys, and other data obtained from third-party sources and our own internal estimates and research. While we believe these third-party studies, publications, surveys, and other data are reliable as of the date of this paper, they have not been independently verified unless specifically stated, and we make no representation as to the adequacy, fairness, accuracy, or completeness of any information obtained from third-party sources.