VDI

複雑さを増すことなく、ストレージとコンピューティング性能を発揮

拡張した永続デスクトップまたはリンククローンであっても、多様な構成のVMwareユーザーに対してシームレスな高パフォーマンスを提供し、あやゆる規模にも対応します。ストレージのボトルネックを排除して、応答性に優れたデスクトップ、素早いアプリ、そして迅速なログインを推進しましょう。

VMware Horizon 7をNutanixで実行

Nutanix Enterprise Cloudを使用して、VMware Horizon 7向けにシームレスな拡張性と一貫性ある堅牢なパフォーマンスを提供することのメリットを、妥当性が実証されたリファレンスアーキテクチャーでご覧ください。

デジタルワークスペースを駆動する

VMwareデプロイメントを加速化する

仮想デスクトップの展開またはエンドユーザーアプリケーションの仮想化を計画している場合でも、Nutanixは成功に必要となる理想的なプラットフォームをご用意します。VMware Horizon Viewを動作するNutanix Enterprise Cloudは、従来型SANと比べてごく僅かな時間でデスクトップ向けにサービス稼働を開始できます。100人未満のエンドユーザーを対象とした初期デプロイメントで小規模で始めた後は、事前コスト、追加のパフォーマンスオーバーヘッド、または複雑な管理なしに、数万人規模のユーザー向けにリニアな拡張が可能です。

VDI管理をシンプルに

スペース効率の高い、高パフォーマンスな仮想マシンのクローニングおよびVMware View Composer Array Integration(VCAI)を活かして、必要となる追加のストレージキャパシティをごくわずかに抑えつつ、エンドユーザーデスクトップを数分でプロビジョニングします。

すぐに展開可能

仮想化コンソールを使った管理によって、即時展開可能な仮想マシンや仮想デスクトップを1時間以内で稼働させることが可能です。

予測可能なスケールアウト

予測可能なVDI拡張性能によって、システム規模の拡大に応じた支払いモデルが可能となり、ストレージの再設計をせずにパイロットから本番環境へ移行。

ブートストームの影響を最小限に

VMwareリンククローンを申し分なく補完するNutanixシャドウクローンを使用することで、 800台のデスクトップも 6分以内でブートを完了することができます。

リスクを最小限に抑えコストを削減

デスクトップおよびアプリケーションプロジェクトが、完全実証・テスト済みソリューションによってパイロットから全面的な本番環境へと拡張する中、予測性と信頼性を提供してインフラストラクチャーへのリスクを最小限に留めます。

サイジングリスクを排除

エンドユーザー要件に基づきVDIを定義し、パフォーマンスリスクを排除。

業務の継続性を提供

ビルトインのVM単位レプリケーションとDRを用いて、ミッションクリティカルな環境に高可用性デスクトップを展開。

コストを削減

3tierインフラストラクチャーと比べて設備投資を最大50%抑え、VM単位の管理と自動化、そしてVCAIインテグレーションによって運営コストを削減。

VDIをハイパーコンバージドインフラストラクチャーで駆動する

VDIに関する新たなアプローチを発見することで、貴重な時間とリソースをインフラストラクチャーの管理に費やすのではなく、EUCサービスおよびアプリケーションの提供に集中できるようにします。

さあ、始めましょう

Nutanix Enterprise Cloudがお客様のVMwareデスクトップ、そしてビジネスを推進する方法をご紹介します。