Blog

三好哲生氏:日本におけるNutanixライフ

投稿:Melissa Sheehan

ご家族と一緒に(三好氏は左から2人目)

Nutanixのユニークなチームと文化について理解してもらうため、世界中で働くNutants(Nutanix従業員)たちのプロフィールを「Nutanixライフ」ブログ記事の一環として紹介しています。今回のブログ記事で紹介するのは、日本のチームで働く三好哲生氏です。三好氏は横浜市を拠点に活動するプロダクト・マーケティング・マネージャーです。普段は東京のオフィスで働いていますが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオフィスが一時的に閉鎖された2020年3月以降はリモートワークを続けています。

三好氏は、自身の業務範囲、新型コロナウイルス感染拡大が彼の仕事に及ぼした影響、そして仕事で最も達成感を覚えた時などについて話してくれました。

Nutanixに勤め始めて何年になりますか?

私は2019年2月に入社しました。つい最近、勤続2年目をお祝いしたばかりです。

なぜ、Nutanixで働こうと思いましたか?

Nutanixに入社する以前はNutanixのディストリビューションパートナー企業に勤めていましたが、Nutanixのエネルギッシュなチームと仕事のテンポの速さに圧倒されたのを覚えています。Nutanixで働く2年間は、他社の10年分のような気がします。Nutanixの人々は共通して起業家精神を持ち合わせています。自分自身ならびに相手に対しても、沢山のことを期待しているのです。私たちはイノベーションを通じて、この世界を変えることができると信じています。

Nutanixではどのような仕事をしていますか?

当社のプロダクトマーケティングチームのメンバーのほとんどは、カリフォルニア州の本社に勤務しています。私は日本のフィールドマーケティングチームの1人として働いています。日本の営業担当者、パートナー、そして最終顧客向けのコンテンツ作成、メッセージ、および翻訳を担当しています。また、私は現地の営業チームとの協力の下、顧客のニーズと要件を把握し、その洞察をプロダクトマネージメントチームと共有しています。日本のプロダクト・マーケティング・マネージャーは私1人のため、収益拡大に寄与するあらゆる活動に従事しています。 

新型コロナウイルス感染拡大以降、日常的な仕事はどのように変化しましたか?

変わったこともあれば、変わらないこともあります。日本以外で活動するチームメンバーとのコミュニケーション手法に変化はありません。引き続き、ZoomとSlackを使ってバーチャルコラボレーションを行っています。

変わったことは2つあります。それは、日本チームのコラボレーションの仕方、そしてマーケティングアプローチです。私のチームは、東京のオフィスで対面対応するのではなく、コミュニケーションを含む全ての業務をバーチャルに移行させました。また、マーケティングアプローチもほぼ完全にデジタルへと移行しました。対面式セミナーやExecutive Briefing Centerイベントの代わりに、ウェビナーおよびデジタルへ移行しました。

東京のNutanixオフィス

あなたが現在取り組んでおり、楽しみにしているプロジェクトは何ですか?

私は自分の時間の約3割をゲームチェンジャーとなるNutanix Clustersソリューションに費やしています。お客様は私たちの中核的なHCI製品を使って自分たちのクラウドをオンプレミス環境にクローニングすることができます。クラウドがオンプレミスでも存在できるようになったほか、再びクラウドに戻ることも可能です。つまり、「クラウド上にクラウド」を築き、同じアーキテクチャーを活用して行ったり来たりすることが可能なのです。

私の仕事は、営業チームとチャネルパートナーがこうしたプログラムの存在を認知して、物事の新しいやり方が持つ可能性を顧客に提示することです。

仕事で最も楽しいと感じるのはどういったことですか?

私は新しいことを学ぶのが好きです。Nutanixでは、新しいテクノロジー、新しい戦略、そして新しい収益モデルについて学ぶ多数の機会があります。

仕事で最も達成感を覚えたのはどういった時でしたか?

2019年9月に.NEXT Japanが開催された時、私はイベントで重役が行う基調講演のプレゼン準備に携わる機会がありました。こうした作業に取り組み、それが日本で行われている様子を見て、非常に嬉しく思ったのを覚えています。

三好氏、NEXT Japan 2019にて 

仕事以外ではどのようなことに興味がありますか?

一番気に入っているのはスキューバダイビングです。パラオでのダイビング経験は忘れられない思い出となりました。

 子供も2人います。7歳と3歳の息子たちです。いたずらっ子な面もあって、気持ちが休まる時はありません! 

三好氏とご家族 

Nutanixへの入社を検討している人に何かアドバイスはありますか?

Nutanixは、テクノロジーの力で世界を変えたいと思っている人にとって素晴らしい職場になると思います。ここで成功する人たちは、物事を構築してイノベーションを果たすことに関心があり、問題解決と学習に喜んで取り組んでいます。Nutanixは定評ある一流の企業ですが、人々は共通してスタートアップの心構えを持っています。 

指針としているキャリア上のアドバイスは何かありますか?

日本には「継続は力なり」ということわざがあります。これは、「努力を止めるまで負けることはない」と言い換えることもできるのではないでしょうか。

お話しを共有して頂いた三好氏に感謝いたします。Nutanixライフについてさらに詳しく読み、欠員中のポジションを探す場合は採用情報ページをご覧ください。

© 2021 Nutanix, Inc.All rights reserved.本文書に記載された、Nutanix、Nutanixのロゴ、およびNutanixのその他全ての製品、提供機能、およびサービス名は、米国およびその他の国においてNutanix, Inc.の登録商標または商標となります。本文書に記載された、その他のブランド名は、識別目的のみに使用されており、それぞれの所有者の商標となります。本投稿には、Nutanix.comの一部ではない外部ウェブサイトへのリンクが含まれています。Nutanixは、こうしたサイトを管理していない他、あらゆる外部サイトの内容または正確さに関する一切の義務を負わないものとします。外部サイトにリンクをする当社の判断は、当該サイトにおけるいかなる内容の宣伝とも見なされるべきではありません。本投稿には、明示的および黙示的な将来の見通しに関する記述が含まれている場合があります。これらは歴史的事実ではなく、当社の現在の予想、推定、および意見に基づくものです。こうした記述の正確性には、リスクと不確定要因が関係しており、予測不可能な事態を含む将来の出来事に左右されるため、実際の結果は、当該記述において予想または暗示された内容と大幅に異なる、もしくは不利に作用する可能性があります。本投稿に含まれた将来の見通しに関する記述は、記載された日付時点のみの内容を伝えており、法令に別段の定めがある場合を除いて、当社は以後の出来事または状況を反映させるために、当該の将来の見通しに関する記述を更新もしくは修正する義務を負いません。