ハイブリッド・マルチクラウドによるアプリケーションの移行と運用のコスト管理

プライベートデータセンターと複数のクラウドサービスにまたがって管理できるため、アプリケーションの移行とコスト管理に新しい方法を実現できます。

By Michael Brenner

By Michael Brenner 2023年12月13日

中小企業も大企業も、増え続けるアプリケーションとデータに対処しなければなりません。 IT リソースをより効率的に管理するために、多くの企業が ハイブリッド・クラウドハイブリッド・マルチクラウド のアプローチを採用しています。また、基盤となるインフラが時とともに変化しても、同じ環境でアプリケーションを開発、テスト、実行できるようにすることも可能になりつつある。新たなイノベーションは、異なるプライベートおよびパブリック・サービスの IT インフラ間でアプリケーションとデータを管理するコストを抑制するのに役立ちます。 

Gartner 社によると、多くの企業が、不透明なコストや 最適とは言えない設計などの要因によって、クラウド予算を超過しているという。企業のリーダーは、ハイブリッドクラウド戦略によってアプリケーションの移行コストを管理したり、将来のニーズにより適した別のオプションを提供したりする方法を深く理解することで、こうした潜在的な落とし穴を克服することができます。 

グーグル・クラウドの CTO オフィスでテクニカル・ディレクターを務める Ben McCormack 氏は、Forbes の記事でこう説明しています。. 

「オープン・スタンダードに基づくマルチクラウド・テクノロジーを利用すれば、これまでクラウドに縛られていたアプリケーションを、よりコスト効率の高い環境に移行することができます」

関連記事

IT 部門はハイブリッド・マルチクラウドの価値を最大化するために FinOps を選択する

アプリケーションの移行コストは、多くの組織にとって障壁となっています。McCormack 氏の洞察では、ハイブリッド・マルチクラウド・モデルによって企業が得られるメリットが明らかになっています。アプリケーションを最適な場所に配置することで、それがプライベート・クラウドであれ、企業が利用できる数多くのパブリック・クラウドであれ、 IT チームは支出をコントロールできるようになります。ハイブリッド・マルチクラウドを使用することで、 IT チームは クラウドネイティブ の開発に対応し、分散インフラ全体で管理機能を拡張し、サービス・プロバイダーのロックインによる制限を回避することができます。

Nutanix Cloud Clusters (NC2) のようなハイブリッドクラウドのイノベーションは、IT チームにプライベートデータセンターとパブリッククラウドサービス間の管理に新しい選択肢と手段をもたらしています。例えば、 Forestry and Land Scotland 社は、 NC2 を使用してクラウドの導入を促進しています。 

「私たちの使命は、スコットランドの人々のために土地の手入れをし、土地と森林の管理を強化し、彼らの代わりに管理することです...それを持続可能な方法で管理し... スコットランドの真の姿を人々に提供することです」 と、 Forestry and Land Scotland 社のシニア・デジタル・インフラストラクチャー・マネージャー、Nick Mahlitz 氏 は The Forecast 誌に語ってくれました。

Mahlitz 氏は、IT インフラを廃止してパブリック・クラウドで運用することをリーダーが決定した後、Nutanix Cloud Platform を採用したデータセンターから新旧のアプリケーションを取り出し、パブリック・クラウド・インフラ上で実行する革新的な方法を発見しました。

NC2 を使用することで、Mahlitz 氏のチームはオンプレミスのデータセンター運用を複製し、Microsoft Azure 内で実行することができるようになりました。これにより、パブリッククラウドで実行するためにアプリケーションをリファクタリングすることなく、本番ワークロードを移行することが可能になりました。

関連記事

森林にテクノロジーは必要か?

当初、Mahlitz 氏と彼のチームは、NC2 を Azure 上でネイティブに動作するようにアプリケーションを再設計する間の一時的な運用方法として考えていました。

「ワークロードをクラウドに再構築するには、スキルの面で多大な資金とリソースが必要であり、優秀なクラウドスキルを持った人材を見つけ、維持することは、世界的に大きな問題である」 と彼は述べています。 

NC2 のおかげで、Mahlitz 氏のチームは使い慣れたツールを使ってデータセンターをパブリック・クラウドに迅速に移行することができ、熟練した IT 管理者は AI や自動化など、他の新しい素晴らしいテクノロジーに集中する ことができるようになりました。

パブリック・クラウドへの移行は、組織の二酸化炭素排出量を最大 40% 削減することで IT の持続可能性 を向上させるため、こうした取り組みはスコットランドがネット・ゼロ・エミッションの目標を達成する上でも役立つと同氏は述べています。

「データセンターも、パブリッククラウドや NC2 を使うことで削減できる大きな分野です」 と彼は述べています。

ハイブリッド・クラウドのコストには複数の要因がある

ハイブリッド・クラウドやハイブリッド・マルチクラウドのアプローチは、企業の IT 運用を最新化します。一方で、より複雑な管理、互換性、コンプライアンス・ニーズなどのコストが発生します。同時に、ハイブリッド・クラウドのアプローチは、リソースのより良い管理を可能にし、最適化とコスト削減につながります。

関連記事

ハイブリッド・マルチクラウドの 5 つのコスト最適化

Tony Palmer 氏 は The Forecast の取材に対し、「コストと生産性の削減には、インフラ導入 1 日目までの時間を、オンプレミスではなくクラウド上で最大 97% 短縮することや、 AWS 上のクラスターをデータセンター内の従来のインフラと比較した場合、 IT 管理者のコストを最大 96% 削減することなどが含まれる」と語っています。 

柔軟性が移行効率を向上させる

日立バンタラの CMO である Gary Lyng 氏は、「企業は、価格と性能に応じて、クラウドのワークロードをオンプレミスからパブリック・クラウドに移行し、より優れたレバレッジとビジネスの柔軟性を提供しようとしています」と述べています。

「組織がクラウドデータ移行を使いこなせば、ハイブリッドクラウドの階層化を利用してワークロードのコストバランスをとり、パフォーマンスを向上させることができます」

Lyng 氏によると、ハイブリッド・クラウドは優れたパフォーマンスとビジネスの柔軟性を提供することができ、特に、手動による介入なしに自動化できるワークロードとデータフローのシフトを可能にするコンテナを使用することが可能になります。

関連記事

クラウド移行の困難と複雑さを緩和する新しいオプション

最新の IT 環境は弾力性に富んでいるため、必要に応じてリソースを迅速に追加したり縮小したりできます。 IT チームがリソースを自由にコントロールできるようにすることで、新しいアプリケーションをより効率的に開発・展開できるようになります。そうすることにより、開発サイクルが短縮し、市場投入までの時間が短縮され、あらゆる段階でのコスト効率が向上します。

「ハイブリッド・クラウドは効率性という命題のもとに構築されているため、その核となるのはビジネスのリソース、特にクラウド・コンピューティング・リソースの節約に役立つはずです」と Vertica の CTO である Rohit Amarnath 氏は語って います。 「例えば、オンプレミスのリソースは安定した予測可能なワークロードを運用できる一方、パブリッククラウドのリソースは突然の需要急増(いわゆるクラウドバースト)に対応できます」

セキュリティの一貫性が災害コストを軽減する

アプリケーションを拠点間で移動すると、移動中にアプリケーションとネットワーク全体が重大なセキュリティ脅威にさらされる可能性があります。しかし、これらのアプリケーションが 1 つの一貫したハイブリッド環境で拠点間を移動していれば、移行全体が 1 つの統一されたセキュリティ手順でカバーされます。

セキュリティの集中化と一元化により、1人の個人またはチームがセキュリティのあらゆる段階を常に制御し、可視化できるため、悪意のある者がネットワークに侵入したり、機密情報を抜き取ったりできる死角を最小限に抑えることができます。ハイブリッド・マルチクラウド・アプローチは、単一の統一されたコントロール・プレーンを通じて監視と管理の機能を集中化します。

関連記事

主流になりつつあるハイブリッド・マルチクラウド・シナリオ

サイバー攻撃は壊滅的なダウンタイムをもたらし、 1 分あたり数千ドルのクラウドコストを引き起こす可能性があります。一貫したセキュリティと包括的なディザスタリカバリ対策から生まれる回復力は、そのような攻撃の可能性を軽減し、不可避な停止後のシステムダウンタイムを最小限に抑えるのに役立ちます。 

潜在的な災害コストを念頭に置けば、ハイブリッド・クラウドにおける強力かつ一貫したセキュリティ対策が、アプリケーションの移行に伴うコスト・リスクを軽減するために不可欠であることは明らかです。 

コストのかかるロックインを避ける

ハイブリッドクラウドやマルチクラウド環境で事業を展開する企業は、ワークロードを実行するために複数の異なるベンダーのさまざまなクラウドを探し求めるでしょう。独自のプラットフォームを自由に利用できるハイブリッド・クラウド・プラットフォームで運用すれば、1つのベンダーのクラウド・インフラが停止したり、 1 つのプロバイダーがコストを引き上げた場合でも、複数のクラウドにアプリケーションを分散して配置し、最適なハイブリッド・クラウドのコストと稼働時間を享受することができます。

パブリッククラウドのみのソリューションは、必然的にある程度のベンダーロックインを意味し、たとえ他のプロバイダーが特定の状況に基づいて望ましいソリューションを提供したとしても、独自のツールや手法を使用する必要があります。

「マルチクラウド戦略を導入することは、ベンダーのロックインを回避する効果的な方法です」と、サンタクララ郡のチーフ・ヘルスケアインフォテック・オフィサーである Khalid Turk 氏は LinkedIn の記事で述べています。

「このアプローチにより、企業は重要なデータやアプリケーションを管理しながら、パブリック・クラウドの柔軟性の恩恵を受けることができます」

管理すべきアプリケーションの数とデータ量が増え続ける中、組織は相互運用性とコスト管理を視野に入れながら、常にどこで何を実行すべきかを学習しています。

クラウド間で仮想デスクトップインフラを拡張する際の Nutanix Cloud Clusters の役割と、クラウドにおけるクラスタ技術の全体的な経済効率について詳しく説明します。

Michael Brenner 氏は基調講演者、作家、 Marketing Insider Group の CEO で す。Forbes、Entrepreneur Magazine、 The Guardian などに数百本の記事を執筆し、マーケティング、リーダーシップ、テクノロジー、ビジネス戦略などをテーマに、毎年数十のリーダーシップカンファレンスで講演を行っています。 

© 2023 Nutanix, Inc. 無断複写・転載を禁じます。その他の法的情報については、こちらをご覧ください。

関連する記事

machine-learning-deployment-how-to-successfully-launch-ml
ビジネス

著者 Eric Siegel 氏、AI の幻想と事実を明確にする

人工知能で成功を収めるには、企業は夢想するのをやめて実際に着手する必要がある、と Siegel 氏は主張します。