AI が IT オペレーションを再編成する

このビデオ・インタビューでは、Nutanix のクラウド・コンピューティング・オペレーション担当シニア・ディレクターである Harmail Chatha 氏が、IT 戦略を形成する AI の持続可能な要素と自動化機能について語っている。

By Ken Kaplan

By Ken Kaplan 2023年10月17日

データセンターをトラブルシューティングするロボット?自己回復するシステム?人工知能(AI)と機械学習(ML)の機能は、IT専門家が「イエス」と答えるのを助けています。

Nutanixの クラウドオペレーション担当シニアディレクターである Harmail Chatha 氏は、The Forecast のビデオインタビューの中で、最近の AI イノベーションの波が IT 意思決定者にどのような新たな課題と機会をもたらしているかについて説明しています。

「インフラの観点から見た AI の波はとてつもないものになるでしょう。」と Chatha 氏は述べています。

以前のポッドキャストで、Chatcha 氏はデータセンターの構築が天職である理由を説明した。彼は、Nutanix の最先端の超高密度データセンターの構築と運営を支援しています。彼の役割には IT サステナビリティ・イニシアチブも含まれ、それは Nutanix の年次 ESG 報告書に記されています。

Enterprise Cloud Index レポートによると、AI や ML の新技術を採用する企業が増えるにつれ、これらの機能はハイブリッド・クラウドやハイブリッド・マルチクラウドの IT システム上で実行されるようになり、IT 運用モデルとして選択されるようになっている。Chatha 氏は、AI と ML は IT オペレーションの管理にますます使用されるようになるだろうと述べています。

「データセンターは世界の電力の約1.5%を消費しているが、AIの台頭と、大規模な言語モデルの学習に必要な膨大な計算能力とデータにより、この数字はおそらく倍増するだろう」と語りました。

AI は、データセンターにおけるソフトウェア運用を改善することで、持続可能性の課題解決に貢献する可能性を秘めています。

「AI によって、私たちはソフトウェア層で問題の多くを自己修復できるようになり、壊れたときに監視したり修理したりする必要がなくなる。」と彼は述べています。

RELATED

The Amalgamation of AI and Hybrid Cloud

彼のチームは、問題発生時にトラブルシューティングを行うロボットをデータセンターに配備する計画だ。 

「それは、AI がロボットに何をすべきか、どう修理すべきかを指示することに基づいている。それは成長し、成長し続けるだろう。データ、データセンター、持続可能性に大きな影響を与えるだろう。」

関連記事:

記録:

Ken Kaplan:  データセンターの考え方から AI をどう見ますか?

Harmail Chatha:  つまり、AI には大量の計算が必要になるでしょう?重いアルゴリズムがベースとなるため、GPU や処理能力の高いコンピューターが大量に必要になる。つまり、より多くの電力を必要とすることになります。AI は多くの産業で役立ちますが、最終的にはデータセンターでも役立つことになるでしょう。AI によって、ソフトウェア層でも多くの問題を自己修復できるようになるでしょう。私たちは、トラブルシューティングを行うロボットをデータセンターに配備することを計画していますが、それ自体、ロボットに何をすべきか、どのように解決すべきかを伝えようとする多くの AI をベースにするつもりです。そして最終的には、ロボットの Prism Central に接続できるようにしたいのです。システムに問題が発生した場合、ロボットはすでにそれを知っており、自ら対処しようとします。AI は明らかに、とてつもなく大きくなり、成長し続ける分野であり、データセンターや持続可能性そのものに大きな影響を与えることになるでしょう。

Ken Kaplan:  AI の波が押し寄せてくるのを見て、どう感じますか?

Harmail Chatha:  インフラの観点から見た AI の波は、とてつもなく大きなものになるでしょう。現在、私たちは小規模なデータセットのために AI/ML を行っている段階です。しかし今、私たちが業界で目にしているのは、例えば ChatGPT のようなものです。システムが何をすべきか、どのようにすべきかを学習するために、彼らは非常に多くの機器を導入しなければならなかった。インターネット全体が何千ものデータセンターで動いているわけだ。消費電力も大きい。データセンターは世界の電力の約 1.5% を消費している。もし ChatGPT がインターネットをセットにして AI で構築するなら、この数字はおそらく将来的に倍増するでしょう。

編集部注: エッジからコアまでのイニシアチブを簡素化し、ジャンプスタートできるように設計されたフルスタックのソフトウェア定義 AI 対応プラットフォーム Netanix GPT-in-a-Box の詳細をご覧ください。詳細は、こちらのブログポスト「 AI 対応スタック:Nutanix が AI イノベーションのラーニングカーブを簡素化」および Nutanix Bible をご覧ください。

Ken Kaplan は The Forecast by Nutanix の編集長です。彼については X で @kenekaplan をご覧ください。

Jason Lopez 氏は、このビデオに寄稿しました。The Forecast のポッドキャスト、Tech Barometer のエグゼクティブ・プロデューサーです。Connected Social Media の創設者であり、以前はPodTechのエグゼクティブ・プロデューサーと NPR のレポーターを務めていました。

© 2023 Nutanix, Inc. 無断複写・転載を禁じます。その他の法的情報については、こちらをご覧ください。.

関連する記事

markel-insurance-simplifies-it-with-nutanix
動画

専門保険会社、異なるハイパーバイザー間の IT プロセスを容易に自動化するボタンを発見

この動画では、世界的な専門保険会社 Markel 社のシニア IT インフラストラクチャ エンジニアが、コスト削減と IT 運用の簡素化を目指すチームが Nutanix のソフトウェアと顧客サービスをどのように利用しているかを説明しています。