医療データストレージの動向と課題

医療データストレージ戦略を推進するトレンド、課題、変革について包括的に考察します。

By Michael Brenner

By Michael Brenner 2024年02月20日

医療業界はデータ革命の最前線にあります。全世界のデータの 3 分の 1 近くを生成し、同時に急速なデジタルトランスフォーメーションを経験している医療業界は、近年、医療データの保存をめぐる差し迫った課題に直面しています。

より具体的には、医療機関は現在、膨大なデータとその安全性を維持する必要性、特に保護されるべき個人健康情報(PHI)、 HIPAA 基準に注目する必要性とのバランスを取らなければなりません。

リモートワーク、遠隔医療、 IoT ウェアラブルなどが当たり前になりつつある世界では、従来のオンプレミス・ソリューションはもはや選択肢にはなりません。その反面、バラバラのクラウド環境は、データのサイロ化や不整合、セキュリティの脆弱性につながる可能性があります。

統一され、グローバルに分散された医療データサービス戦略は必要不可欠です。この記事では、医療業界における統合データストレージの推進要因、課題、トレンド、戦略を探ります。

複雑化する医療データ

医療データを取り巻く環境は複雑さを増しており、生成・管理されるデータの量と多様性は著しく増加しています。

現在、医療分野は世界のデータのほぼ 3 分の 1( 30% )を生成しており、この割合はさらに増加すると予測されています。 2023 年から 2030 年の間に、世界のビッグデータヘルスケア市場は 5 倍近くに膨れ上がり、 2 億 5,500 万ドル以上に達するでしょう。

Bar chart showing the projected growth of the global big data healthcare market between 2023-2030.

この驚異的な成長は、過去数年間の医療における以下のようなデジタル変革の推進要因の結果です:

  • 電子カルテ – 患者記録のデジタル化により、医療従事者が扱うデータ量は大幅に増加しています。電子カルテ( EHR )は、病歴から進行中の治療内容まで、包括的な患者情報を網羅しています。 EHR はアクセシビリティを向上させ、患者のケアを強化することができる一方で、患者の健康情報の保護、データの保存と管理、特にデータの正確性と完全性の維持という点で、大きな課題も抱えている。

  • 医用画像診断の進歩 – MRI 、超音波、 CT スキャンなどの医用画像技術は、高解像度の画像を生成し、大規模なデータセットに貢献します。これらの画像の保存と管理は、そのサイズと高速アクセスと解析の必要性から困難なものとなっています。このような診断品質の画像を効率的に保存し、迅速に検索して治療に役立てることは極めて重要ですが、そのためには高度な医療データ・ストレージ・システムが必要になっています。

  • 患者生成データ –ウェアラブル技術と健康アプリの爆発的な普及により、これまでにない量の患者が作成した健康データが生成されました。このようなデータは、臨床の場以外でも患者のアドヒアランスや健康状態に関する貴重な洞察をもたらしますが、データ管理の複雑さも増します。この非構造化データを構造化された臨床データと統合し、患者の健康状態を全体的に把握することは、医療提供者がますます直面する課題です。

  • 保管に必要な期間 – 古いデータをいつまで保存するかは、どの企業でもデータ保存戦略の一環として決断を迫られる問題です。しかし、医療機関の場合、この決定は法的および規制上の要件によって定義されています。

Nutanix の Global Industry Solutions Marketing Director である Leah Gabbert 氏によると、政府の規制により、放射線検査の記録や画像を州や地域によって 7 ~ 10 年間保管することが義務付けられています。

「また、患者が未成年である場合は、行政やコンプライアンスに関する様々な要件によって、さらに長くかかることもあります」 と Gabbert 氏は説明します。「これらの検査は、放射線科医がどこからでもアクセスして読むことができる診断品質の画像を作成しますが、これらは膨大なファイルであり、保管とセキュリティが必要です」

関連記事

医療 AI と ML アプリをストレステストする安全な場所

さらに、プロバイダー間の相互運用性と記録共有の性質上、デジタル共有されるこれらの画像を簡単に検索できる必要があります

これらのシナリオや類似のシナリオでは、大容量とアクセシビリティの両方が不可欠ですが、従来のサイロ化されたオンプレミスのソリューションでは実現が困難です。保存期間の長さとその間のアクセシビリティに対する現代の要求を満たすには、統合されたクラウドベースの代替手段が必要なのです。

スプロールの管理 – ヘルスケアも、あらゆる産業や部門で起こっている大規模な IT インフラの乱立の例外ではありません。 2026 年までに、驚異的な 7 億 5,000 万もの新しいアプリケーションが市場に出現し、データの 50% がエッジで生成されるようになります。 2027 年までに、ワークロードの配置の 85% が最適でなくなると予想されています。現在すでに、毎日 181 ゼタバイトの膨大なデータが作成され、利用されています。この規模では、この継続的で加速するスプロールを合理化し、集中化するための明確な戦略と適切なツールがなければ、効果的なデータストレージは不可能です。

Statistics highlighting the IT infrastructure sprawl happening across sectors

医療規制の遵守 – 医療におけるデータ保存は、患者のプライバシーとセキュリティを確保するために高度に規制されています。米国における HIPAA のような規制への準拠は絶対に無視できないものですが、データ・ストレージ・システムには複雑なレイヤーが付け加えられます。これらの規制は、医療データの保存、アクセス、共有方法を規定するもので、堅牢なシステムとプロトコルを必要とします。

多様なデータタイプの統合 –医療データ管理における最も重要な課題は、 EHR 、医療画像、患者が生成したデータ、さらには運用データ(身体監視や資産追跡など)など、さまざまな種類のデータを 1 つのまとまったシステムに統合することです。この統合は包括的な患者ケアに不可欠ですが、高度なテクノロジーソリューションと効果的なデータガバナンス戦略が求められます。.

遠隔医療 – パンデミック中およびパンデミック後の遠隔医療の急速な普及は、医療データ管理に新たな局面をもたらしました。仮想訪問や健康モニタリングのデータ記録は、今や前例のないレベルで管理されています。その結果、既存の医療記録との統合だけでなく、これらのデータタイプの安全な伝送と効率的な保存に関する課題が浮上しています。遠隔医療の台頭により、この提供形態によって生成される膨大な量のデータを管理できるだけでなく、データを安全に保存し、リアルタイムでそれを必要とする医療提供者や患者がすぐにアクセスできるようにするデータストレージ・ソリューションが必要とされています。

関連記事

Healthcare CIO のスピリットとハイブリッド・マルチクラウド

医療がデジタル時代に進化し続ける中、これらの医療データストレージの推進力と課題は、ストレージに対するより戦略的なアプローチの差し迫った必要性を示しています。

次のセクションでは、医療機関がユニファイドデータストレージソリューションに取り組む原動力となっている包括的なデータストレージのトレンドについて、より広い視野で見ていきます。

データストレージの最新動向

データストレージと、より安全で戦略的なデータ管理システムの必要性に関して、大きな変革期を迎えているのは医療業界だけではありません。このセクションで取り上げたトレンドは、あらゆる業界の組織がデータを収集、管理、保存、共有する方法を変えながら、最高レベルのデータストレージの将来を形作ろうとしています。

クラウド移行 – 医療業界ではここ数年、クラウドベースのソリューションへの移行が急速に進んでいますが、これにはそれなりの理由があります。クラウドストレージは柔軟性に優れているため、ヘルスケアプロバイダーは必要に応じてストレージリソースを拡張することができます。同時に、一元化されたストレージやリモートアクセスなど、必要とされる機能も提供しています。Fortune 20 にランクインする医療企業 Elevance Health の CTO である Amish Patel 氏は、最近 McKinsey の取材に応じ、クラウド上でデータやデジタル資産を一元的に保管・運用することによる変革のインパクトについて語っています。「クラウドネイティブ・アプローチを活用することで、会員向けアプリケーションの俊敏性、拡張性、回復力を実現しました。この "シングル・ペイン・オブ・グラス "アプローチによる標準化によって、会員向けのエクスペリエンスが大幅に向上し、プロセスが合理化されたため、競争上の優位性を得ることができました」 この競争上の優位性は、患者が消費者のように行動し、医療提供者にパーソナライズされた高度なサービス提供を求めるようになるにつれて、医療機関が今後ますます必要とするものです。

ビッグデータと分析 – ビッグデータ解析は、膨大なデータセットから価値ある洞察を抽出することで、医療データ保存において極めて重要な役割を果たします。 EHR やサードパーティデータを含むその他のデータ利用の可能性が高まる中、ビッグデータ解析は、よりスマートな臨床上の意思決定に役立つパターンや傾向を特定することができます。分析的アプローチは、組織リスクの最小化、患者の転帰予測、診断の改善、集団健康管理の強化など、あらゆる面で医療機関を支援します。ビッグデータを活用することで、医療提供者は患者のニーズをより深く理解することができ、よりパーソナライズされた効果的なケアを大規模に行うことができます。このような機能を実現するために、医療機関には、分析や意思決定に必要なデータセットへの集中アクセスを提供する統合ストレージ・ソリューションが必要です。

AI と機械学習人工知能 ( AI ) と機械学習は、医療データストレージシステムにますます統合されつつあり、提供できるケアのレベルを根本的に変える機能をもたらしています。 AI を活用した予測分析は、症状が進行する前に病気の発生を予測し、人間だけでは識別できないパターンを検出し、大規模なデータセットを迅速に要約し、膨大な量のデータをマイニングして集団レベルの傾向を特定することができます。データ保存の観点から、 AI はデータを一元化して単一のリポジトリに保存し、 AI テクノロジーがそこにアクセスして分析できるようにすることで、その価値を高めています。

関連記事

ヘルスケアと AI の融合を目指す MLPerf サイエンティスト

Epic 社のアライアンス・マネージャーである Jon Kimerle 氏は、Healthcare Business Today 誌最近寄稿した記事の中で、データストレージに関連する AI の必要性を的確にまとめています: 「 AI ワークフローの導入、実装、統合は、データに始まり、データに終わる。 AI ワークフローの導入と統合は、データから始まり、データで終わる。そもそも AI モデルの学習には、企業が簡単にアクセスでき、迅速に処理できる大量のデータが必要です」同氏はこう書いています。「今日、多くの医療機関は、指数関数的な量のデータを手元に持っています。しかし、組織のニーズや患者のニーズに合わせて、これらの情報をどのように扱えばよいかを知っている人はほとんどいません。医療機関が AI の可能性を最大限に活用するためには、適切なデータストレージが必要である一方、パズルのピースが欠けていることも多いのです」

相互運用性 – 最新の 2023 年度版 Nutanix Enterprise Cloud Index Report によると、 IT チームの 74% は、従来のデータセンターだけでなく、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドの混在など、複数の IT インフラストラクチャを活用することが予想されます。また、そのほぼ全員( 94% )が、多様な環境にまたがるデータとアプリケーションを管理するための単一の統一された場所が有益であると回答しています。さらに、医療エコシステムには複雑な性質があり、社内外のパートナーがそれぞれのシステムを利用して情報をやり取りする必要があります。

74% of IT teams are now expected to leverage more than one IT infrastructure, and 94% say they’d benefit from a single, unified place to manage applications and data

最新のデータ・ストレージ戦略は、データの完全性やセキュリティをいつでも損なうことなく、重要なシステム間で必要に応じてデータにアクセスできるように設計されていなければなりません。高度な統合機能を備えた統合データストレージシステムは、このパズルの重要なピースです。

医療向け統合データサービス・プラットフォーム

ユニファイド・データ・サービス・プラットフォームは、医療機関内に存在する、飛躍的に増大する非構造化データを保存・保護し、戦略的に活用するための最良のソリューションとして登場しました。ソフトウェア定義の統合ストレージ・ソリューションは、あらゆる種類の非構造化データ、ストレージ・プロトコルを統合し、様々なデータ・ストレージの課題を単一の統合ストレージ・プラットフォームに統合します。

医療がこれからもデジタル化され、プロセスがますますデータ主導型になるにつれ、統合データ・ストレージ・システムの採用は、医療提供者にとって、こうした変化に対応するための競争上の必須条件となりつつあります。

Nutanix Unified Storage は、医療機関がサイロ化したブロック、ファイル、オブジェクトストレージの管理と保護を単一のプラットフォームに統合できるように支援する、ソフトウェア定義のデータサービスプラットフォームです。アナリティクス、ランサムウェア対策、ライフサイクル管理、データ保護などの豊富なデータサービスを搭載した NUS は、医療機関の IT 部門とストレージ担当者が、急速に変化するアプリケーションの要求に対応し、日々のストレージ管理よりも戦略的なデータ管理に集中できるようにします。 NCP を活用することで、 NUS はコア、クラウド、エッジに展開される最新のアプリケーションにスケール、パフォーマンス、セキュリティを提供します。

NUS プラットフォームは、セキュリティ第一の設計を念頭に置いたアーキテクチャで構築されています。 Nutanix Data Lens は、サイバーセキュリティの脅威やイベントが発生した場合に包括的なランサムウェア耐性を提供します。

Nutanix Unified Storage モデルのビジネス価値は、あらゆる分野の組織にとって重要です。 IDC の企業調査(医療機関を含む)では、 Nutanix のソリューションが財務、運用、戦略面で以下のようなメリットをもたらしていることが明らかになりました :

  • 5 年間の ROI が 421%
  • IT ストレージ管理の効率が 63% 向上
  • 5 年間で TCO を 53% 削減
  • 計画外ダウンタイムを 99% 削減
  • IT セキュリティチームの効率が 56% 向上

これらの利点により、医療における多様で増え続けるデータを、より全体的、効率的、かつ安全に管理することが可能になり、患者の転帰と治療の改善への道が開かれます。

編集者注:企業が Nutanix Unified Storage からどのようにビジネス価値を実現するかについての IDC ホワイトペーパーをダウンロードしてください。医療機関は、自社の環境に特化した NUS の ROI/TCO を評価する顧客レポートを作成できます。 Nutanix Unified Storage医療業界向け Nutanix ソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。

Michael Brenner 氏は基調講演者であり、作家であり、 Marketing Insider Group の CEO です。Forbes 、 Entrepreneur Magazine 、 The Guardian などに数百本の記事を執筆し、マーケティング、リーダーシップ、テクノロジー、ビジネス戦略などをテーマに、毎年数十のリーダーシップカンファレンスで講演を行っています。

© 2023 Nutanix, Inc. 無断複写・転載を禁じます。その他の法的情報については、 こちらをご覧ください

関連する記事

making-nutanix-and-vmware-platforms-run-in-azure
プロファイル

ハイブリッド・クラウドと Azure パブリック・クラウドへの移行の簡素化

マイクロソフトのクラウド・ AI 部門の Rene van den Bedem 氏は、Nutanix と VMware のハイパーバイザーが Azure で動作することを確認しました。このプロファイルでは、問題解決への迅速なアプローチ、 AI を搭載したコパイロットの普及、データセンター機能のパラダイムシフトについて語ります。