FinServ はデジタル取引をより有利なものにしようとしている

金融取引は世界中の経済を動かし、人々の生活を形作っている。ハイブリッド・マルチクラウドを導入した金融サービス企業は、まさにその中核となっている。

By Gene Knauer

By Gene Knauer 2023年10月24日

金融サービス(FinServ)の顧客との関係構築は、従来、どちらか一方による定期的かつ積極的な働きかけに依存してきました。人工知能と機械学習(AI/ML)アルゴリズムを搭載したデジタル・プラットフォームが実現する、顧客の最初の当座預金口座から始まるリアルタイムのデータ豊富な関係とは対照的です。

FinServ ITシステムが、自動化されたファイナンシャル・アドバイスを提供し、生涯の節目にふさわしいサービスを提供するのが理想的な状態です。大量の顧客取引を管理し、住宅ローン、クレジットカード、株式取引、退職金投資など、パーソナライズされた個人向けの金融口座やサービスを提供できるようになる。金融機関以外から生まれたものも含め、あらゆる種類の金融サービスがデジタル・テクノロジーの導入に自社の将来を賭けているため、近年、このようなことが起こっています。

ハイブリッド・マルチクラウド・ソフトウェア・プロバイダーである Nutanix のグローバル金融サービス戦略およびソリューション・マネージャーである Sean O'Dowd 氏は、「確かに銀行は過去 500 年の間に進化してきましたが、銀行業務や金融サービスは近年大きく変化し、今では様々な形で私たちの日常生活に浸透しています」と述べています。

関連記事

ハイブリッド・マルチクラウド IT が拓くフィンサービスの未来

世界中の経済がインフレ、戦争、銀行破綻、新たな規制に耐えている今、金融業界にとっては前例のない時代となっています。しかし、新たな競争がデジタル・トランスフォーメーションを加速させ、人々や企業の資金管理・取引方法を変えつつある今、金融界には大きな変革の波が押し寄せています。

「この業界は、顧客とのより深く有利な関係を築くためのデータと技術に溢れています」と O'Dowd 氏は言う。

FinServ によるデジタル技術を基盤とした金融サービスの未来が築かれるにつれ、より多くの人々が、お金を得たり、与えたり、移動させたり、投資したりするために、こうしたサービスに頼るようになっています。人々や企業はまた、情報を提供し、自動的に金融取引を行う AI を搭載したツールに頼るようになってきています。

一昔前まではそうではありませんでした。

2023 年度版 Nutanix Financial Services Enterprise Cloud Index 調査によると、金融サービス業界はハイブリッドマルチクラウドの利用において先駆的かつ早期に導入する企業として注目を集めています。この調査では、世界の金融機関の 5 分の 1 ( 20% )がハイブリッド・マルチクラウド・アーキテクチャを使用していると回答しており、全業界の平均である 12% を上回っています。

関連記事

金融業界、新サービスにクラウドを活用

O'Dowd 氏は、FinServ 業界がテクノロジーによってリスクや複雑性を管理し、新しいサービスや顧客との関わり方を提供する方法を模索していることを目の当たりにしています。彼はまた、Société Générale、Nymbus、Servus Credit Union、ペンナショナル保険 などの Nutanix の顧客からも多くのことを学んでいます。

「プラットフォーム・アプローチを採用し、ブロックチェーンやデジタル通貨のような新しい技術オプションと組み合わせてクラウドで複数のサービスを提供することは、金融サービス業界において成功する戦略となるでしょう」と彼は述べています。

Understand Key Enterprise Cloud Trends

これらは、今日、 FinServ 企業が使用している要素の一部です。おそらく最も重要なのはプラットフォームで、IT チームは自社所有またはリースのデータセンターとパブリック・クラウド・サービスを組み合わせて管理することが増えてきています。これは、 FinServ が行うあらゆるデジタル業務の基盤であり、ソースで もあります。近年の急速なデジタル革新により、金融業界をはじめとする業界のリーダー企業や新興企業は、お金の動き方を刷新することに取り組んでいます。

金融サービスの拡大

金融機関は、容易に利用できるサービスへと提供サービスを拡大しています。全体として、 FinServ は主力業務を拡大しつつあり、これは Google がその検索エンジンを電子メール、クラウド・サービス、自律走行車、地図などに拡大したのと似ています。Google やそのほかの企業と同様、金融機関もデータを使ってトレンドを見つけ、体験をパーソナライズし、見込み客にアプローチしています。そのデータは、時間の経過とともにサービスを改善し、新しいサービスを構築するのに役立っています。これらはすべて、IT システムによって支えられ、IT システム全体で実行されているのです。

顧客の需要は、金融サービス企業の技術革新を促進する大きな要因です。例えば、Zendesk の調査によると、スタンドアローンのモバイルアプリでは銀行顧客の 72% を満足させることはできないと判明しており、顧客は即時サービスや データ主導でパーソナライズされた対話、物理的空間とデジタル空間を行き来するような体験を望んでいると答えています。

世界経済フォーラムとケンブリッジ・オルタナティブ金融センターの最近の調査によると、金融サービス機関の 85% が現在何らかの形で AI を利用しており、 52% が AI を利用した商品やプロセスを導入していると回答しています。

関連記事

AI とハイブリッド・クラウドの融合

例えば、アリババ傘下の Ant Group は、中国のユビキタスモバイル決済アプリ「Alipay(アリペイ)」を運営し、さまざまな業種の取引要件に対応するため、バーコードや QR コード決済だけでなく、消費者向け融資や保険商品の流通も提供しています。同社は AI を駆使したデータ分析を活用し、アジア太平洋地域の個人と企業の双方に、ウェルス・マネジメント、クレジット、保険の商品とサービスをオーダーメイドで提供しています。

PayPal は、当初のオンライン決済プラットフォームにとどまらず、ピアツーピア決済(Venmo)、PayPal や PayPal 傘下の企業を通じた金融・投資商品など、一連の金融サービスを提供するまでに進化しました。 8 月、同社は、 AI を使用して顧客の住所や個人情報のすべてのバリエーションを追跡し、特定の加盟店で使用する適切なデータセットを予測するチェックアウト機能を含む、 3 つの新しい AI 駆動型製品を展開すると発表しています。

「近代的な金融サービス・インフラがどのようなものであり、どのようにあるべきかを示す最良の例がインドでしょう」と O'Dowd 氏は言います。彼は、インド政府が2010年に導入した生体認証IDシステム「Aadhaar Card」を例に挙げています。

「Adharr は、UPI のような他のデジタル技術の進歩に貢献する、政府による重要な動きでした」と同氏は述べ、Unified Payments Interface のことに言及しました。

国際通貨基金( IMF )は、UPI を、決済に関する規則や事務手続きがつぎはぎだらけになっている国への対応策と位置づけています。個人でもビジネスでも、同じモバイルプラットフォーム上で複数の銀行口座を利用できるようにすることで、送金をより簡単で安全なものにすることを目的としています。

関連記事

金融サービスがハイブリッド・クラウドに移行する理由

Adharr プラットフォームは、 13 億 5,000 万人の国民一人ひとりに固有の 12 桁の個人識別番号を割り当て、モバイル SIM カード、銀行口座、社会保障・福祉プログラムを含むさまざまなサービスにリンクさせています。クラウド・ポータルとそれを支える生体認証技術は使いやすく、 AI/ML とリスク管理分析に基づき、行動とパターンを相関させ、サービスのパーソナライズと不正行為の検知・削減の両方を実現しています。

Aadhaar はインドの膨大な人口から完全に信頼されており、公平な小口融資を大衆が利用できるようにし、持続可能なものにしたと評価されています。

複雑さの管理

O'Dowd 氏によれば、複雑性を管理することは、金融機関の業務効率化、および顧客による最新の洞察や商品へのアクセスという利益をもたらします。彼はその例として歴史を挙げています。

「 1990 年代、デリバティブや株式のトレーダーたちは、電子取引プラットフォーム、アルゴリズム、専門的な管理・コンプライアンス・ソフトウェア、そして瞬時の判断が可能な高頻度取引インフラを使い始めました。そして、彼らはウォール街を支配するようになりました」、と彼は語っています。

関連記事

COVID-19 危機の中、金融トレーダーを常に遠隔地からサポート

パブリック・クラウドや ハイブリッド・マルチクラウドの IT システムは、商品、サービス、顧客体験の変革に取り組む金融機関にとって不可欠なものとなりつつあります。パブリック・クラウド・サービスに依存する金融機関では、 AI を活用した多様な機能の導入と運用が可能です。Nutanix の GPT-in-a-Box のようなものを使用することで、 IT チームは所有または管理されたデータセンターを利用して新しい AI アプリケーションを実行することができるようになります。

O'Dowd 氏は、ハイブリッド・マルチクラウド・システムは、IT ダウンタイムの原因となるリスクを軽減し、コンピューティング・リソースを最適化し、さまざまな処理やデータ集約型の AI ワークロードを活用できるインフラ・オプションを FinServ 企業に提供すると述べています。

「 IT チームがハイブリッド・マルチクラウド・システムを選択する主な理由は、コストとパフォーマンスの最適化と動的なスケーラビリティですが、これは回復力、冗長性、新しいサービスを市場に投入する能力を強化する一連のプラットフォームです」と O'Dowd 氏は語っています。

関連記事

フィンテック、機械学習で競合を凌駕する

AI アプリケーションの採用に意欲的な金融サービス企業は、その能力、アプリケーションのエコシステム、特定のニーズに合ったサービスに基づいてクラウド・プロバイダーを選択することができます。さまざまなクラウド・サービス・プロバイダーを利用することで、 IT チームはより多くの機能を利用できるようになり、また、さまざまな地域にまたがるデータ主権要件をサポートできるようになるので、柔軟性が高まります。

「 AI/ML 主導のアナリティクスは、効果的なリスク管理、規制コンプライアンス、ストレステスト、リアルタイムモニタリングのための FinServ の基準を高めることになるでしょう」と ODowd 氏は話しています。

O'Dowd 氏によると、FinServ の未来を支えるもうひとつのテクノロジーがブロックチェーンで あると言います。ブロックチェーンは、金融データとトランザクションを暗号によってリンクされた不変のブロックに保存することで、新しいデジタル金融サービスを簡素化し、安全性を確保する役割を果たします。 ブロックチェーンは変更されることがないので安心です。

「デジタル通貨とブロックチェーンはまだ成熟しつつある革新的な技術であり、今後ますます発展していくでしょう」と、O'Dowd は LinkedIn に投稿しています。

「信頼が必要なのはユーザーやプログラムがデータを入力する時点だけなので、監査人のような信頼できる第三者の必要性が減り、導入コストや人為的ミスや不正の可能性が低くなります」と、O'Dowd 氏は述べています。「所有権や取引に関する透明で改ざん不可能な記録を提供することで、株式取引に革命をもたらす可能性があります」

同氏は、ダイナミックで適応性の高いマルチクラウドまたはハイブリッド・マルチクラウドの IT 運用を実現することで、FinServ 企業はリスクを管理し、常に改善し続ける新しいサービスを実現する新しい機能を活用できるようになると述べています。

Gene Knauer 氏は、テクノロジー企業の B2B マーケティングを専門とする寄稿ライターです。

Ken Kaplan 氏の寄稿です。彼は The Forecast by Nutanix の編集長で、彼の情報は @kenekaplan をご覧ください。

© 2023 Nutanix, Inc. 無断複写・転載を禁じます。その他の法的情報については、こちらをご覧ください