生成 AI でファッション業界を変革する

ファッションハウスや小売業者は、革新的な製品を生産し、より良い衣服を製造し、顧客のショッピング体験を向上させるために生成 AI を使用しています。

By Marcus Taylor

By Marcus Taylor 2024年06月04日

人工知能企業の OpenAI は、 2022 年 11 月に ChatGPT を発表し、人類の歴史を変えました。それ以来、生成 AI が人々の仕事、学習、創造、コミュニケーションの方法を根底から変えるとわかってきました。それは人々の服装さえも変えようとしているのです。

コンサルティング大手の McKinsey & Company によると、生成 AI は今後 3 ~ 5 年以内にアパレル、ファッション、ラグジュアリー分野で最大 2,750 億ドルの営業利益を生み出す可能性があり、すでにいくつかの生成 AI ファッションのユースケースが出現していると報告しています。

McKinsey は 2023 年 3 月に発行した報告書『 Generative AI: Unlocking the future of fashion 』の中で、「コードサイニングからコンテンツ開発プロセスのスピードアップまで、生成 AI は新たな創造性の場を創出する」と述べています。「特に商品イノベーション、マーケティング、セールス、カスタマー・エクスペリエンスにおいて、このテクノロジーは大きな成果をもたらす可能性がある」

実際、生成 AI はすでに、デザインプロセスの合理化、製造コストの削減、従来の小売体験の改善によって、世界のファッション業界を鼻から尻尾まで変革しつつあります。

関連記事

人工知能による山火事対策

「生成 AI は単なる自動化ではなく、増強と迅速化に関わっているのです」と McKinsey は続けます。「つまり、ファッションの専門家やクリエイターに、特定のタスクを劇的に速くこなすための技術的ツールを提供し、人間にしかできないことにもっと時間を割けるようにするということです。また、顧客により良いサービスを提供するためのシステムを構築することも意味します」

ファッションデザインにおける未来の推進力としての AI

9dcc 、 The Hundreds 、 TOMBOGO 、 Nike 、 No Sesso 、 The Fabricant などのファッションブランドと仕事をするコミュニケーション・イベントエージェンシー Chapter 2 社の共同設立者兼 CEO である Kenneth Loo 氏によれば、世界で最も先進的なファッションハウスは、すでに AI をデザインプロセスに組み込んでいるといいます。

「 AI はクリエイティブなプロセスで大いに活用されています」と Loo 氏は説明し、ファッションデザイナーは AI を、既成概念にとらわれず、繰り返しを避けるための先鋭的なクリエイティブツールとして捉えていると語っています

「 AI によって、彼らは本当に素早く何かを生み出し、新しい、非常に斬新なアイデアを生み出すことができます」

従来のブレーンストーミングは、参加者の無意識の偏見や視野の狭さ、知識不足によって妨げられることがしばしばでした。人工知能は、このような人間の特性に阻害されることなく、新鮮な視点を提供し、ユニークなアイデアや異例のアイデアを提供することができます。

ニューヨークの Parsons School of Design で戦略的デザインとマネジメントを教える Jeongki Lim 助教授によれば、既存のデザイナーが実験的に AI を使い始めている一方で、次世代のデザイナーはすでに AI をクリエイティブなツールボックスの基本的な道具と見なしているといいます。

Lim 氏は、学生たちは常に新しい技術を求めており、「創造的なプロセスに AI を関与させる 」ことを熱望していると話しました。

彼は、 AI がファッション業界にどのような影響を与えるかについて楽観的で、新進気鋭のデザイナーたちに「 AI を受け入れ、しかし明確なビジョンを持つように」とアドバイスしています。

「 AI が何なのか、何ができるのか、舞台裏で何が起こっているのかを理解する必要があります」と Lim 氏は語り、 AI は近い将来、ファッション・デザインの標準的な一部として捉えられるようになるだろうと予測しています。

「今日、私たちはスマートフォンのない時代を想像することができません。この種のクリエイティブな AI ツールもそうなり始めています。日常のクリエイティブな実践や仕事の中に、機能が入り込んできているのです」

生成 AI が文化的な時流に乗るようになったのは間違いないものの、Pew Research Center によれば、最も人気のあるツールである ChatGPT を使ったことがあるアメリカ人成人はわずか 23% にとどまっています。

その数は増え続けており、生成 AI がファッションデザイナーを駆逐してしまうのではないかと心配する懐疑論者もいるが、カナダの建築家 Tim Fu 氏は、実際にはデザイナーの力になると考えているようです。

関連記事

スケーラブルで持続可能なデータセンターの構築

「 AI はある意味、デザイナーにスーパーパワーを与えてくれるテクノロジーです。なぜなら、自分のアイデアを、とても速く、とても効果的に実装することができると感じられるからです」と、ファッションハウスSprayground とコラボレートし、生成 AI を使った未来的なストリートウェアのコレクションを制作している Fu 氏は、 2023 年 4 月のインタビューでオンライン出版社 AI Business に語っている。

「特定の種類の製品をレンダリングするためのソフトウェアの専門知識も必要ありません。イメージ重視で、ある意味、あらゆる分野で本当にテストをすることができます」

AI によるファッション製造の最適化

生成 AI の恩恵を受けられるのはファッションデザイナーだけではありません。アパレルメーカーもまた、 AI を技術的なデザインを改善し、極めて競争の激しい分野での利益を高めることができる、画期的なテクノロジーと見なしています。

ロサンゼルスを拠点とするファッション・デザイン・ハウス兼製造会社、 ARGYLE Haus of Apparel の創設者兼 CEO である Houman Salem 氏は、「私たちは現在、 AI をデザインと製造のプロセスにどのように組み込むかを模索しています」と語っています。

「現在、私たちは Midjourney や他のビジュアル AI ツールを最初の衣服デザインのために模索しています - 将来的には、すべて AI が生成する衣服ブランドを立ち上げることを目標としています」

関連記事

ゴルフの未来を牽引するデータテクノロジー

AI はアイデアの段階以上に革命を起こす可能性があると Salem 氏は言います。 Salem 氏によれば、その段階は製造工程の 10% 、実際のデザイン作業の半分以下に相当するとのことです。

テクニカル・デザイナーは業界の製造部門で働き、デザインの大半を担っています。これらのスペシャリストは、縫製の詳細や測定ポイントの説明、部品表の作成、特定の生地が着用時にどのように作用し、伸縮するかを理解するなどの反復作業を処理するために、近い将来 AI を使用するようになるかもしれません。

「将来的には、テクニカル・デザインのプロセスに AI を導入したい」と Salem 氏は続けます。「テクニカル・デザイナーはファッション・デザイナーとは別の言語を使って会話をします。彼らはファッションデザイナーと生産チームの仲介役であり、デザイン・テックパックを作成する責任者なのです」

これらのスペシャリストは、強度と耐久性のために特定の生地を選択し、弱い部分を補強することによって衣服の寿命を延ばします。

ファッション業界における AI の応用の可能性はあるものの、生産そのものに影響を与えるほどにはまだ進歩していないと Salem 氏は予測しています。

「人間はまだ針を穴に通さなければなりません」と同氏は言います。「 AI は生産に関わる人間の労働力の 50% 以上を扱うことはできないでしょう」

関連記事

データサイエンティストはどのようにサイバー空間でディープフェイクと戦うのか

生成 AI がファッション・リテールをどう変えるか

Bodify 社の創設者である Carlanda McKinney 氏によると、ファッション業界の小売部門も生成 AI をゲームチェンジャー的なツールと見なしており、すでにオンライン・ショッピング・プラットフォームに組み込んでいるといいます。同氏は、小売業者は AI を使ってパーソナライズされた消費者体験を提供し、無駄を省き、消費者が自分の体型に合った服を選べるようにしていると述べています。

「 Bodify を始めたのは、個人的な問題を解決するためでした 」と McKinney 氏は言います。「オンラインショッピングをよくするのですが、返品するのが本当に嫌になりました。私が使っていた試着ツールは決して正しいものではありませんでした」

関連記事

AI が人間のボディランゲージを読み取るロボットを助け、より良い仕事仲間に

同氏は、オンライン・ショッピングへの移行により、フィット感に関連する返品が大幅に増加していますが、Bodify はこれを 30% 以上削減していると説明します。Bodify は AI を使って、消費者が自分の選んだ服が具体的にどのように体にフィットするかをより理解できるようにすることで、これを実現しているのです。

「私たちは、小売業者が扱うすべての衣料品の仕様書を入手しています」と McKinney 氏は言います。「私たちはそのデータをすべて体系化し、そのデータをクロールするアルゴリズムを構築し、買い物客の測定値をブランドデータと照合します」

また、 Bodify の AI 駆動型プラットフォームは、 0 から 100 までの信頼度スコアを服に与え、買い物客がフィット感を数値化するのに一役買っています。

「我々は、これらの情報をすべて取り込んで買い物客に提示し、『あなたは良いサイズを選びました。しかし、念のためお伝えしておきますが、この小売店のこの特定の衣服は、一般的にウエストや肩周りがきつくフィットします』と伝えているのです」と McKinney 氏は説明します。McKinney 氏は、「 Bodify のテクノロジーは、実店舗からオンラインショップへの移行を完了させるのに効果的なほど、ショッピング体験に革命をもたらす可能性があると彼女は考えています。

Loo 氏も同意です。

「 AI は、実店舗から見て小売の時代の終わりを告げるかもしれません」、と Loo 氏は言います。「 AI にこれ以上依存することはないと思います」

ファッションデザインにおける AI の進化

The Fabricant や Steve Aoki のような有名なファッション・ハウスは、従来の型にはまらない前衛的な服のラインを作るために AI を使用しています。現在では AI ファッション・ウィークまで開催されているほどです。

同時に、世界トップクラスのファッション・プログラムは、 AI を標準的なツールとして、また現代のデザイン・プロセスに不可欠なものとして捉える次世代のデザイナーを育成しています。

関連記事

クラウド・コンピューティングにおける AI の役割

AI が衣料品の製造や購買にも影響を与え始めています。

「生成 AI はファッションのエコシステム全体に影響を与える可能性を秘めている」と McKinsey & Company は書いています。

「ファッション企業はこのテクノロジーを使って、より売れ筋のデザインを生み出し、マーケティングコストを削減し、顧客とのコミュニケーションを超個性化し、プロセスをスピードアップすることができます。また、サプライチェーンやロジスティクス、店舗運営、組織やサポート機能を再構築する可能性もあります」

そしてもちろん、ファッションはもっと大きなパイの一切れにすぎません。

「 AI は次に世界を変えるテクノロジーであり、本当に重要なものです」 と Salem 氏は言います。「今から10年後、私たちはこれを、すべてが変わった後の変革期と見なすでしょう」

編集部注:これは 2023 年 10 月 25 日に掲載された記事の更新版です。

Marcus Taylor 氏は 2016 年から IT 業界のエグゼクティブ・ライターおよびソートリーダーシップ・ライターとして、 SaaS 、ヘルスケア IT 、サイバーセキュリティ、量子コンピューティングを専門としています。同氏のウェブサイト mtwriting.comを通じて情報を公開しています。

© 2024 Nutanix, Inc. 無断複写・転載を禁じます。その他の法的情報については、こちらをご覧ください

関連する記事