プレスリリース

セブン&アイ・ホールディングス、グループ各社が利用する統合OA・ネットワーク基盤にNutanixを採用

プレスリリース
2021年9月29日

 

ニュータニックス・ジャパン合同会社 (本社:東京都千代田区、社長:町田栄作、以下Nutanix) は本日、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪 隆一、以下セブン&アイ)が、グループ各社が利用する統合OA・ネットワーク(NW)基盤にNutanix Cloud Platformを採用したことを発表しました。

セブン&アイは、顧客の価値観や行動の変容に合わせた商品やサービスを常に創造・提供するために、企業の成長戦略の一貫として、グループ横断でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しています。グループ全社横断で行うDX施策に関する「グループDX戦略マップ」を策定し、DX施策を推進しており、その実現に向けて統合OA・NW基盤を整備することになりました。

グループ各社のアプリケーションが動作するOA・NW基盤を確実に統合していくには各事業会社との調整や移行プロセスが重要であり、また各社の業務アプリケーションへの影響を少なくするため、一部の事業会社ではアプリケーション仮想化が必要でした。そのインフラ基盤にはできる限り構築が容易で、迅速かつ柔軟に拡張できる安定したソリューションを求めていました。また、DXの取り組みとして事業会社間がデジタルにつながっていく中で、セキュリティリスクを可能な限り低減させる必要もありました。

こうした課題を解決するため、グループ各社が利用する統合OA・NW基盤にNutanixを採用しました。Nutanixの導入により、グループ全体のセキュリティ高度化に向けた基盤づくりと、事業会社で利用されてきた業務アプリケーションに依存せず、エンドポイントの標準化が可能になります。事業会社ごとに行ってきたIT投資の抑制にも貢献することになり、コスト削減にもつながる見込みです。

グループDXソリューション本部 ITインフラ部 シニアオフィサー 小林 央氏は、次のように述べています。「事業環境の変化に応じて新たなアプリケーションの追加にも迅速に対応できるアジリティの高いアプリケーション仮想化を実現することが重要でした。Nutanixの導入で、過度な初期投資をせずとも柔軟にスケールアウトできる基盤を迅速に整備できました。セキュリティの高度化につながる基盤が整備できたことで、均一なセキュリティ対策を一元的に実施でき、かつコストを削減するといった効率化と高度化を実現できるようになります。」

本事例の詳細は、以下リンクよりご覧いただけます。

https://www.nutanix.com/jp/company/local-customers/7andi

Nutanix Inc.について
Nutanixは、クラウドソフトウェアのグローバルリーダーであり、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー・ソリューションのパイオニアとして、お客様がビジネスの推進に集中できる、意識しなくて良いインビジブルなITインフラストラクチャー管理を実現しています。Nutanixのソフトウェアは世界中の企業に採用されており、単一のプラットフォームで、場所を問わずハイブリッドおよびマルチクラウド環境のあらゆるアプリを管理できるよう支援しています。詳細については、www.nutanix.com/jp をご覧いただくか、Twitterをフォローしてください (@NutanixJapan)。

© 2021 Nutanix, Inc. All rights reserved. NutanixおよびNutanixのロゴマークは米国およびその他の国におけるNutanix, Inc.の登録商標、あるいは出願中の商標です。本リリースに記載されているその他すべてのブランド名は、識別目的でのみ使用されており、各所有者の商標です。