プレスリリース

Nutanix、2021年第3四半期の業績を発表

*本リリースは米国カリフォルニア州サンノゼで現地時間2021年5月24日に発表されたプレスリリースの抄訳版です。原文はこちらをご参照ください。

プレスリリース
2021年6月1日

新製品の堅調な導入率により、
過去最高のACV請求額とすべての指標での上方修正を達成

Nutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、プレジデント兼CEO: Rajiv Ramaswami 以下、Nutanix)は、2021年4月30日を末日とする2021年度第3四半期の業績を発表しました。

fy21q3-nutanix-earnings

 

Nutanixのプレジデント兼CEOであるRajiv Ramaswamiは、次のように述べています。「本四半期の業績は堅調で、すべての指標で3四半期連続での上方修正を達成し、一貫した実行能力を示すことができました。Lenovoとのパートナーシップの拡大や、中核的なクラウドソフトウェアプラットフォームの戦略によって勢いを継続しているほか、新製品の導入率の向上など、注力案件を確実に推進しています。」

NutanixのCFOであるDuston Williamsは、次のように述べています。「ACV請求額は前年同期比18%増で過去最高を記録し、規律ある支出管理により営業費用は見通しを下回りました。第3四半期で拡大した契約更新により、今後は将来的な増収を推進していくほか、営業・マーケティング業務の大規模な効率化を図り、将来的なビジネスの予測にも注力して参ります。」


2021年第3四半期の業績サマリー

fy21q3_earnings_summary_nutanix

 

最近の事業ハイライト

  • Lenovoと提携し、as-a-Serviceソリューションをホスト型デスクトップに提供:Lenovoとの提携により実現した、ホスト型デスクトップ向けas-a-Serviceソリューションを発表し、ハイブリッド環境への移行における顧客支援を拡充しました。本ソリューションは、顧客の選択したLenovoのクライアント機器とCitrix VDIまたはNutanix Frameのほか、Nutanixを搭載したThinkAgile HX Seriesサーバーで構成され、月額決済と、ワンストップの一括サポートを備えたソリューションとして提供されます。
  • NutanixクラウドプラットフォームがAWS GovCloudに対応:NutanixのクラウドプラットフォームがAWS GovCloudに対応可能となりました。これにより、Nutanixのオンプレミスと、Amazon Web Services GovCloudで実行されるベアメタルのAmazon Elastic Compute Cloudインスタンスを対象とした、統合型のハイブリッドクラウド環境が実現し、顧客はプライベートクラウドとパブリッククラウドを通して同一のソフトウェアスタックを採用できます。
  • Azure ArcサービスがNutanixベースのKubernetes環境に対応:Microsoftとの連携により、Nutanix Karbonによって実行されたオンプレミスのKubernetesクラスタだけでなく、Azure Arcが提供する共通のコントロールプレーンを通じて、Azureリソースの管理も可能になりました。これにより、一貫性と信頼性を備えたハイブリッド/マルチクラウドソリューションを提供し、Nutanixのハイパーコンバージドインフラストラクチャー上でもAzure PaaSサービスが利用可能になります。
  • 製品と顧客サービスで複数の賞を受賞:代表的なレビューサイト「TrustRadius」では、「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー」、「サーバー仮想化」、「ソフトウェア定義型ストレージ」、「仮想デスクトップインフラストラクチャー」の各部門で「Top Rated Award(最高評価)」を受賞しました。このほか、「顧客サービス」部門での卓越した実績が評価され、「NorthFace ScoreBoard Service Award」を8年連続で受賞しました。
  • 顧客基盤を拡大:Nutanixは新規顧客の獲得を継続しており、2021年第3四半期末における同社の総エンドユーザー数は約19,430社に到達しました。マルチクラウドジャーニーを提供し、第3四半期中に獲得した顧客は米国空軍のほか、「グローバル2000」企業の、Circle Kブランドの運営会社Alimentation Couche-Tard、ICICI Bank Limited、タイのSony Device Technology Co., Ltd. 、NTTコミュニケーションズ株式会社などが含まれます。
  • 「Investor Day 2021」の詳細を発表:今年の「Investor Day」は、日本時間6月23日(水)午前0:00にオンラインで開催されます。本イベントでは、Nutanixの経営陣より、同社のハイブリッド/マルチクラウド戦略、製品ポートフォリオ、市場投入戦略、業績見通しに関する最新情報が提供されます。「Investor Day 2021」は、こちらからご登録いただけます。

2021年第4四半期の業績見通し

fy21q4-nutanix-outlook

 

Nutanixの2021年度第3四半期の業績に関するプレゼンテーションなど、本業績発表の補足資料は、https://ir.nutanix.com/company/financial/ でご覧いただけます。

用語の定義と総売上高への影響

1 ACV(年間契約額)は、プロフェッショナルサービス/ハードウェア関連の金額を除外した、年換算の総契約額として定義されます。年換算の総契約額は、総契約額を、当該契約の期間の年数で除することで計算されます。期間が定められていない契約に関しては、必要に応じて5年間と仮定した期間を使用します。任意の期間のACV請求額は、当該期間中に請求されたすべての契約のACVの総額として定義されます。
2 任意の期末のランレートACVは、当該期間末の時点で有効な、すべての契約のACVの総額です。この計算では、当該契約に関する売上高をNutanixが認識する期間に関わらず、契約期間は契約の計上日に開始するものと仮定します。
3 平均契約期間は、当四半期に履行された永続製品ライセンスに5年間と仮定した期間を使用し、すべてのサブスクリプション契約と永続製品契約を対象に、請求額ベースで計算を行った、ドル加重期間を表しています。
4 現在進行中のサブスクリプション型ビジネスモデルへの移行に関連し、平均契約期間が前年同期比で減少したことにより、売上高はマイナスの影響を受けました。

(以上)

 

Nutanix Inc.について
Nutanixは、クラウドソフトウェアのグローバルリーダーであり、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー・ソリューションのパイオニアです。Nutanixのソフトウェアは世界中の企業に採用されており、プライベートクラウド、マルチクラウドを対象に、単一のプラットフォームにて場所・規模を問わないアプリケーション管理を実現しています。詳細については、www.nutanix.com/jp をご覧いただくか、Twitterをフォローしてください (@NutanixJapan)。

© 2021 Nutanix, Inc. All rights reserved. NutanixおよびNutanixのロゴマークは米国およびその他の国におけるNutanix, Inc.の登録商標、あるいは出願中の商標です。本リリースに記載されているその他すべてのブランド名は、識別目的でのみ使用されており、各所有者の商標です。