プレスリリース

エネコム、Nutanixのハイパーコンバージドシステムを採用

サービス利用状況に応じたスケールアウトを実現する次世代インフラにより、
設備投資コストおよび運用負荷を削減

ニュータニックス・ジャパン合同会社 (本社: 東京都千代田区、マネージング ディレクター: 安藤 秀樹、以下Nutanix)は2015年9月2日、ハイパーコンバージドシステム「Nutanix NX-3050シリーズ」が株式会社エネルギア・コミュニケーションズ (略称:エネコム、本社:広島市、取締役社長:熊谷銳) に採用されたことを発表しました。

エネコムは中国地方を拠点にICTソリューションを提供する情報通信事業者で、光ファイバーケーブルやデータセンターなどを事業基盤に、個人向けにインターネット接続サービスを提供しています。法人向けでは、従来のネットワークサービスと2011年から提供を開始したクラウドサービスとの「融合」を図っています。また、2016年12月に稼働予定のデータセンターを広島に建設しており、より一層のサービス拡大を目指しています。

同社では、低廉化していくサービス市場において、従来の、ストレージ、サーバ、ネットワークの階層型インフラではそのコスト、拡張性、運用負荷が課題となっていました。従来型のインフラでは、リソースを拡張する際にシステムの想定規模に対してあらかじめ予測を立て、一定の余剰のあるインフラ投資をする必要がありました。また実際の各種作業にはSIerへのアウトソースコストがかかっていました。さらに、サービス開通までにサーバ・ストレージ・ネットワークのプロビジョニングが必要となり、パフォーマンスの可視化においても困難かつ時間を要する運用を強いられていました。

これらの課題に対し、複数の側面から解決法を探った結果、現行のクラウドインフラでは市場への適応性に限界が見え始めたため、次世代インフラとしてハイパーコンバージドシステムに注目しました。数社の製品を比較検証した結果、柔軟で高い拡張性、マルチハイパーバイザ対応、マルチクラウド対応、データローカリティの観点からNutanix製品の採用を決定し、2015年初頭から社内テストベッドでの検証を開始しています。テストベッドとはいえ、ハードウェア面でSPOF (Single Point of Failure:単一障害点) にならないこと、Nutanix OSのバージョンアップやノードリソース増がオンラインでできるなど、サービス用インフラを想定した構成を導入しています。

Nutanix製品の導入により、必要な時に必要なリソースだけを迅速に拡張できるので、今後無駄な投資が不要になることが予想され、省スペース化によるコスト削減 (省電力化) にも貢献すると推測されています。さらに、プロビジョニングもパフォーマンスの可視化とセットで1つのGUIツール (Nutanix Prism) にて対応できるため、エンジニアの技術習得期間が短縮され、よりビジネスに直結した仕事に注力することができる見込みです。

エネコムの通信技術本部 伝送設備部 伝送設計チーム マネージャーの武田 洋之氏は次のように述べています。「顕著なのは従来のインフラのように、CAPEX (設備投資) が大きな段差で飛び上がらないことです。スケールアウトに応じてコストがリニアに上昇します。これはサービス事業者として高く評価できます。今後もエネコムのサービス拡大とお客様満足度向上のために、Nutanix製品には大きな期待を寄せています。」

本事例の詳細は、以下リンクよりご覧いただけます。
http://go.nutanix.com/rs/031-GVQ-112/images/Nutanix_case_study_Enecom_A4_JP.pdf

Nutanix Inc.について
Nutanixは、次世代エンタープライズ・コンピューティング向けの「インビジブル・インフラストラクチャ」を提供することにより、企業のIT部門が自社のビジネスを支えるアプリケーションやサービスに専念できるよう支援しています。同社のソフトウェア主導によるXtreme Computing Platformは、コンピューティング、仮想化、ストレージの機能を単一ソリューションにネイティブ統合することで、データセンターの簡素化を推進します。Nutanixのソリューションを利用することで、お客様は想定通りのパフォーマンス、リニアな拡張性を持つ、クラウドのようなインフラストラクチャの利用によるメリットを得ることができます。詳細については、www.nutanix.jp をご覧いただくか、Twitterをフォローしてください (@nutanix)。

報道関係の方からのお問い合せ先
ニュータニックス・ジャパン合同会社 広報代理(ホフマンジャパン株式会社)
担当: 小倉 / 安藤 / 上田
TEL: 03-5159-5750
Email: togura@hoffman.com / mando@hoffman.com / nueda@hoffman.com