データベース環境の近代化戦略:
自らの意志と責任で推進する

Nutanix上でvRealize オートメーション

ガートナー社に寄せられるデータとアナリティクスに関する問い合わせには、「データベース環境のコストが高すぎると考えるので、それを削減する方法についてアドバイスが欲しい」というものがあります。この数年、一定のペースと量でこの類いの問い合わせが寄せられていることから、こうした状況は一過性のものではないと考えられます。

このガートナー社のリサーチノートでは、以下のような疑問を抱く組織のITリーダーに対して、ベスト・プラクティスを提供しています。


• データベースにかかるコストを削減しながら、データ活用など将来的に役立つITインフラを構築したいが、他社はどのようにしているのか、成功事例を知りたい。

• データベースのソフトあるいはハードがEOSLを迎えるため、移行費用の見積もりをSIベンダーに依頼したが、思った以上に高くて驚いている。他社ではどうしているのだろうか。

Gartner, データベース環境の近代化戦略:自らの意志と責任で推進する,
T. Ichishi, Oct 15, 2020

この図表は、Gartner, Inc.がリサーチの一部として公開したものであり、文書全体のコンテクストにおいて評価されるべきものです。オリジナルのガートナー・ドキュメントは、リクエストにNutanixからご提供することが可能です。ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。Gartnerは、Gartner
Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All
rights reserved. 

今すぐダウンロード (英語版)

Nutanixはプライバシーの保護に取り組んでいます。あなたのEメールアドレスは、リクエストされた情報を提供する場合や、Nutanixに関するその他の最新情報をお知らせする場合に使用いたします。登録の解除はいつでも可能です。詳しくは当社のプライバシーポリシーをご覧ください。