2021年の展望:日本企業におけるIT部門の存在意義を再定義する

My Nutanix IDを作成して、限定コンテンツ、デモ、ツールにアクセスしましょう。

NutanixやNutanixのパートナーから今後イベント、製品情報、またはその他最新情報の提供を希望しない場合は、ここをクリックしてください。配信停止はいつでも設定することができます。さらなる詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。

Nutanixはプライバシーの保護に取り組んでいます。あなたのEメールアドレスは、リクエストされた情報を提供する場合や、Nutanixに関するその他の最新情報をお知らせする場合に使用いたします。登録の解除はいつでも可能です。詳しくは当社のプライバシーポリシーをご覧ください。

OracleをAHVで実行

“日本の大企業の95%が顧客価値の向上を目指したデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを既に実施しているか、検討中/検討予定である。企業全体のデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを実現するためには、CIOはIT部門の存在意義を再定義する必要がある。 “

このガートナー社のレポートでは、以下のような主要な所見や推奨事項を提供しています。

・デジタル・ビジネス施策には大きく分けて「最適化 (オプティマイゼーション)」と「変革 (トランスフォーメーション)」の2種類があるが、2020年6月にGartnerが日本企業を対象に実施したユーザー調査では、95%の日本の大企業が顧客価値を高めるためのデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを既に実施しているか、検討中/検討予定であることが判明している。

・日本におけるGartnerの多くの顧客との対話から、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを実現するために既にIT業務を行っているビジネス部門の要員も考慮すると、IT業務の50%以上がビジネス部門に移管される計画があることが分かった。

Gartner, 2021年の展望:日本企業におけるIT部門の存在意義を再定義する, H. Katayama, Y. Matsumoto, Apr 26, 2021
この図は、Gartner, Inc.がリサーチの一部として公開したものであり、文書全体のコンテクストにおいて評価されるべきものです。オリジナルのガートナー・ドキュメントは、リクエストにNutanixからご提供することが可能です。 Gartnerは、Gartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.