ホワイトペーパー

パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウドから選ぶ際のワークロードと総所有コスト(TCO)に関する検討事項

現在のワークロード、そして5年間の総所有コストに基づき、最も適したクラウドを見つけましょう。

My Nutanix IDを作成して、限定コンテンツ、デモ、ツールにアクセスしましょう。

NutanixやNutanixのパートナーから今後イベント、製品情報、またはその他最新情報の提供を希望しない場合は、ここをクリックしてください。配信停止はいつでも設定することができます。さらなる詳細は、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。

このフォームを送信することにより、お客様はNutanixがこの情報およびその他の情報をお客様に連絡することに同意したものとみなされます。登録の解除はいつでも可能です。Nutanix プライバシーステートメント

 

true


現在の急速に進化し続けるビジネス環境において、組織が事業運営に利用しているクラウドインフラストラクチャーは1種類だけではありません。多くの場合、従来型データセンターを向上または交換するオプションを検討しながら、プライベートクラウド(オンプレミスまたはホステッド型)からパブリッククラウド、そしてハイブリッドクラウドに至る複数の異なる種類のインフラストラクチャーに投資しているのが現状です。 

このIDCホワイトペーパーでは、最大限の事業価値を引き出すために利用するべきクラウドインフラストラクチャーアプローチについて、ワークロードベースの意思決定を下すための検討事項とそのフレームワークを提供します。定性的な要素に加えて、事前定義済みの代表的なエンタープライズワークロード一式の実行に必要なインフラストラクチャーの種類とロケーションに関連した、5年間の総所有コスト(TCO)も比較します。

 

  • レガシーワークロードのリテイン(システムの維持)、リファクタ(ソースコードの改善)、リホスト(インフラ刷新)、リビルド(再構築)、リプレース(新パッケージサービスへ移行)、またはリタイヤ(システムの廃止)にまつわる決定要因
  • 必要なクラウドスキルセットの可用性
  • ワークロードをクラウドプラットフォームに移行するためのベストな方法
  • オンプレミス環境からパブリッククラウドへの接続の容易さ
  • プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、ネイティブパブリッククラウド、そして3Tierインフラストラクチャーに関する5年間の総所有コスト(TCO)
  • その他、さまざまなメリット

今すぐホワイトペーパーをダウンロード!