Blog

Nutanix Enterprise Cloud向け総所有コスト (TCO) ビューのご紹介

By Sahil M Bansal

マルチクラウド環境を運用するIT意思決定者は、クラウド投資に関する重要な予算編成および投資判断を下す必要があります。多くの場合、彼らは利用している プライベートクラウド およびデータセンター環境に関する継続的な運用コストの単一ビューを 欠いており、正確な総所有コスト (TCO) にたどり着くことができません。パブリッククラウドプロバイダーは、パブリッククラウドサービスの予想支出に関して一定程度の クラウドコストの可視性 を提供します。その一方で、データセンターまたはエンタープライズクラウド運用に関する類似のコストビューでは、一貫性のないデータソースに分散した複数の構成要素を考慮する必要があります。現在および将来のデータセンター運用コストに関する標準化された単一ビューがなければ、主要ステークホルダーは自社のクラウド環境が果たして費用効率の高い方法で運用されているのか判断できません。

本日、Xi Beamはお客様の総合的なNutanixフットプリントに関する 総所有コスト (TCO) ビューのご提供を開始いたします。このTCOビューは、Nutanix Enterprise Cloud環境の所有、運用、そして保守に伴う直接・間接費の分析を可能にする、構成が可変の財務モデルです。  NutanixのTCOビューは、マルチクラウドのTCO分析に向けた第一歩となります。これによって、Nutanixのお客様は、パブリックおよびプライベートクラウドにまたがるワークロードの実行費用を容易に比較できるようになります。

BeamにおけるNutanix Enterprise CloudのTCOビュー

TCOビューは、一定の想定市場価格およびライセンス期間に基づき、Nutanixのハードウェアおよびソフトウェア製品の仕入原価を自動入力します。ただし、これは初期仕入原価に過ぎません。実際のTCOビューを得るには、複数のコスト項目を考慮する必要があります。

  • ハードウェア: Nutanixまたは第三者ハードウェアの実際原価および償却原価。
  • ソフトウェア: Nutanixまたは第三者ソフトウェアの実際原価および償却原価。
  • 施設: お客様私有のデータセンターまたはコロケーションにて発生する費用。
  • 通信: 1回限りまたは繰り返し発生する通信費。
  • サービス: 1回限りまたは繰り返し発生する第三者サービス費。
  • スタッフ: IT管理スタッフの実際原価および償却原価。

TCOモデルは、各コスト項目向けに完全にカスタマイズ可能であり、お客様のNutanixクラウド環境のサポート・実行にかかるあらゆる費用を追加することができるだけの柔軟性を備えています。各コスト項目について、詳しく見ていきましょう。

 

Nutanixハードウェアの費用

このコスト項目は、お客様が購入したNXアプライアンスの費用を表しています。このコストデータは、お客様のNutanixアカウントから直接抽出され、想定原価に基づきNXアプライアンス向けに自動入力されます。また、NXアプライアンスの費用を構成することも可能です。あるいは、第三者サーバーベンダーからハードウェアを仕入れた場合、またはOEMアプライアンスを利用している場合は、それぞれの費用を追加することが可能です。

Nutanixソフトウェアの費用

このコスト項目は、お客様が購入したNutanixソフトウェアライセンス (永続およびサブスクリプション) の費用を表しています。このコストデータは、お客様のNutanixアカウントから直接抽出され、推定原価に基づき自動的に入力されます。また、個別の製品の費用を構成することも可能です。第三者ソフトウェア (vSphereやAppDynamicsなど) を利用してNutanixインフラストラクチャーをサポートする場合、そのソフトウェアライセンス費用も追加できます。

施設費

このコスト項目は、Nutanixインフラストラクチャーをオンプレミス型またはコロケーションのデータセンタースペースで実行する場合に必要な施設費を表しています。費用の主な構成要素は、電力、冷却、そしてデータセンタースペースの費用になります。こうした費用の構成要素は、電力消費およびインフラストラクチャースペース使用量に関して想定される業界基準に基づき自動的に算出されます。また、ご利用環境をより正確に反映させるため、こうした値を構成するか、第三者施設費用を追加することもできます。

通信費

このコスト項目は、お客様が既に購入した可能性のある通信サービスおよびイーサネットスイッチの費用を表しています。主な構成要素は、データセンターラックで使用するイーサネットまたはトップオブラックスイッチの費用になります。これは、スイッチの平均費用ならびに全てのNutanixノードに必要なスイッチ数に関する一定のデフォルト値に基づき、自動的に算出されます。また、こうした値を変更して、お客様の環境をより正確に反映させることもできます。

サービス費

このコスト項目は、お客様のNutanixインフラストラクチャーのサポートに利用するあらゆるサービス費を表します。Beamでは、こうしたカスタムサービスの費用を想定しておらず、実際原価に基づき数字を入力できるようになっています。

人件費

このコスト項目は、お客様のNutanixインフラストラクチャーのサポートにかかる社内外のIT管理スタッフの人件費を表しています。お客様には正規雇用管理者の数を指定していただき、Beamは一般的なIT管理者の給与ならびに正規雇用管理者1人あたりが一般的に管理するノード数に基づき費用を算出します。また、こうした値を変更して、お客様の環境をより正確に反映させることもできます。

Beamによるマルチクラウドガバナンス

このTCOビューは、オンプレミス型インフラストラクチャー費用を示しており、正確なマルチクラウド費用を比較する上での第一歩となります。是非、BeamのTCOビューをトライして、Nutanix Enterprise Cloudおよび関連のクラウドサービスを所有・運用した場合の正確な分析を手に入れてください。Beamへの登録がまだお済でない場合は、 今すぐ無料トライアルをスタートできます

BeamにNutanixアカウントを追加する作業は僅か数分で完了します。また、全てのNutanixのお客様に無料でお試しいただけます。Beamへの登録はお済ですか?BeamにNutanixアカウントを追加する際に必要な サポートドキュメント をご利用ください。

© 2019 Nutanix, Inc.All rights reserved.本文書に記載された、Nutanix、Nutanixのロゴ、およびNutanixのその他の製品と機能は、米国およびその他の国においてNutanix, Inc.の登録商標または商標となります。本文書に記載された、その他のブランド名は、識別目的のみに使用されており、それぞれの所有者の商標となります。

tco

Calculate Your Savings

See what happens when you simplify data center operations, reduce your footprint, avoid costs tied to provisioning storage—all while improving service delivery.

test-drive

Try HCI Today!

Try the industry-leading hyperconverged infrastructure in this 2-hour, hands-on demo.

virtual

Try our Virtual Bootcamp

Check out the HCI technology that powers the world’s most advanced data centers by joining a free one-hour Virtual Technology Bootcamp.